元気がない

元気がない_a0394451_17550395.jpg


# by hosoya_isao | 2022-05-16 17:54 | Comments(0)

菜種油用?

菜種油用?_a0394451_06250777.jpg
昨日も、一昨日も走れていなかったので、きょううは3日ぶりのジョグ。黒部まであと1週間となりました。
きょうはいつもの10キロコース。
10キロの途中で3回、5分/キロ走をやってみましたが、このところはこのペースがやっとというところ。やっぱりきつかったぁ~、、、。
どうしても息が上がって、その1キロ走を終えるとしばし歩いてしまいます。
この調子だとコンスタントに5分30秒/キロはもうきついのでは、、、今度の成績はあまり期待できないかもぉ~とちょっと悲観的になります。笑
まあ、今週は食事をしっかりととり、出来れば禁酒して?体調を壊さないように気を付けていきたいと思います。

ジョグコースの菜の花畑は1か月前は黄色い菜の花が満開だったのですが、もう菜の花は終わり、緑の葉っぱだらけ。
この畑の農家ではこれから菜種油でも取るということなのでしょうか、、、。
隣の畑ではソバが植えられていて、もうすぐそばの白い花が咲きそうです。



# by hosoya_isao | 2022-05-15 20:24 | Comments(0)

きょうは八王子の野猿峠にある大学セミナーハウスにDOCOMOMO(Documentation and Conservation of buildings ,site and neighborhoods of Modern Movement)の展覧会と富田玲子氏の講演会のために行ってきました。
このセミナーハウスは1960年代から建築家、吉阪隆正氏とU研究室によって設計された建物群が6期にわたって建てられています。
吉阪氏はコルビジェの事務所にもスタッフとして働いたことがあり、コルビジェのようなコンクリート打ち放しの力強い作品が特徴です。
きょうの講師である富田玲子氏はその吉阪氏のもとでスタッフとして働いていた方で、その後は象設計集団のリーダーの一人として活躍された方。
きょうは吉阪氏の思い出話など、関係者でなければ知らないであろう話をお聞きすることが出来きました。
富田氏は1937年生まれとのことですから、御年84歳?!しゃきっとしたお姿がカッコよかったです。
吉阪氏はつねに「同じことは繰り返さない」という考えで、現場に追われてもぎりぎりまで考え続けていたとのこと。
その土地にどんな建築がふさわしいのかを常に真剣に模索し続けていたそうです。それはある意味で、地域主義建築、土着的建築とでもいうのでしょうか。
最近の建築は日本中どこの街に行っても同じようなものばかりのように感じます。
「同じことは繰り返さない!ぎりぎりまで考え続ける!」、改めて自分の設計スタイルについて考えさせられました。

大学セミナーハウスの存在は知っていましたが、恥ずかしながら実際に見たのはきょうが初めてでした。
どの建物もまったく違っていて、それぞれの建物から大きなエネルギーを感じます。
建築はこうでなければいけませんねぇ~、、、。
写真だけ見ると、どこかヨーロッパの片田舎みたいに感じるのはボクだけでしょうか?!笑

大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_17263047.jpg


大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_16305047.jpeg


大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_17373931.jpeg
大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_16354203.jpeg


大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_16313702.jpeg




大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_16324514.jpeg


大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_16332185.jpeg

大学セミナーハウス見学&講演会_a0394451_16360663.jpeg

# by hosoya_isao | 2022-05-14 17:26 | Comments(0)

親友(悪友?)と飲み会

きょうは中学高校時代の親友、K君と、そして遅れてM君が加わり久しぶりに飲みました。
暮れのオペラシティでの第九のコンサート以来なので5か月ぶり。
場所はいつもの池袋の居酒屋・大都会。この店はなかなか安くて良いのです。
なんと生ビール3杯とおつまみ2品セットで1,100円。
注文はすべて自動販売機で購入したチケットをカウンターに持っていくシステム。そして下げるのもセルフ。
中学の頃の悪友同士、たまに会ってバカッパナシをするのにはちょうど良い気がします。笑
けっきょく、いつも通り盛りあがって3時間も長居をしてしまいました。それでも飲んで食って3,000円もしなかったかなぁ~。
夕方5時前から飲み始め、8時過ぎにはお開きという健康的な会でした。

そしてみんなと別れて帰りの電車でのこと。
池袋駅はまだまだ混んでいる状況で、ちょっと並んで急行に乗りました。そして一番端の席に着席。
一番端は片側の壁に頼れるのでなんか安心感があります。
座ってから気づいたのですが、手摺ポールの座席側に忘れ物のビニール傘がかかっているのです。
折り返し電車だったので、池袋まで乗ってきた電車の乗客のものなのでしょうか、、、この雨降りの中、傘を車内に忘れるなんて、気付いた時さぞかし困っているだろうなぁ~などと思いを巡らしていました。
そして次に、ボクが電車を降りる時を想像してみました。
駅に届けるほどでもないし、、、。
ビニール傘は何本あってもよいので持って帰るかぁ、という選択肢はささやかな良心が勝って、早々に却下。
ということはこの傘はそのままにしていくんだよなぁ~。そうすると、まず次に座る人から「傘、わすれてますよ~」と声を掛けられ、「それ前からあったんです!」って返すんだろうなぁ~。
そして次にその席に座った人が下りる時も、その会話が繰り返され、そしてまた次に座った人も、、、。その思いやりの会話がきょうの終電まで何回も続くということかぁ~、、、。
酔っぱらいのおじさんの頭の中は、モヤモヤ感が満載に。笑
でもけっきょく、ボクがふじみ野駅で降りる時は、他の乗客はその傘には気付かなかったのか、なんにも言われませんでした、、、。

親友(悪友?)と飲み会_a0394451_17413302.jpg

# by hosoya_isao | 2022-05-13 21:41 | Comments(0)

ゼロコロナ

ゼロコロナ政策の中国は、3月末からの上海に続いて北京でも都市のロックダウンをしているようです。
次女ファミリーの住む上海の隣町、蘇州でもこの2か月ほどは72時間以内の陰性証明書がない限りマンション敷地からは出られないよう。
ということで3日に1回はPCR検査を受けるのが日常となっているようです。
特に日常生活において困っていることはないようですが、幼稚園は昨年末からずーっと休園状態で、いつも子供が家にいて、子供の友達もジャンジャン遊びに来て賑やかすぎるというのがささやかな悩みのよう。
ちょっと驚いたのは休園でも週に1回はZOOMによる幼児同士のミーティングがあるとのこと、けっこう進んでるんですねぇ~。
そんな幼稚園も再来週からは公式に開園することになったようなので、現地のコロナの状況も徐々に改善されているようです。

2019年11月ころから武漢で発生した新型コロナウイルス。あっという間に世界中に広まりました。
ちょうど2019年12月下旬、ボクは蘇州に行っていて、武漢で新型ウイルスが発生しているというニュースは知っていましたが、たいして気にもせずに湖州あたりを旅行していました。
それが1か月もたたないうちに武漢がロックダウン。今度は中国で感染が急激に広まることを防ぐために入国を制限し始めました。
1月に日本に戻ってきた娘たちは、中国に戻ることが出来なくなってしまいましたが、なんとか2020年10月に上海・蘇州での2週間完全隔離を経て蘇州の家に戻ることが出来ました。
ということで通常であれば、年に2~3回は帰国していたのですが、それ以来1年半以上会えていません。
日本も、中国も、最悪の時と比べれば状況はだいぶ改善されているようなので、早く自由に行き来が出来るようになって欲しいところです。
それから、ゼロコロナ政策はWHOも言っているように見直しが必要なんでしょうねぇ~。

ゼロコロナ_a0394451_07395215.jpg



# by hosoya_isao | 2022-05-12 20:39 | Comments(2)