今年も「コラーレ」

きょうは恒例のになった黒部でのハーフマラソンに参加のために、クルマで黒部へ来ました。
もう~7回めになるでしょうか。

毎回、基本的には一人で来ているのですが、今回はスタッフのI君も一緒。
今回は、ちょうどこれから新たに基本設計を開始する住宅のクライアントと同居予定のご両親が石川県小松市にお住まいで、月曜日にはそこの陶芸アトリエと窯小屋の視察もかねてます。

午前中はプライベートな用事を片付け、12時にI君をふじみ野駅でピックアップ。

天気は快晴、こんな日こそオープンでしょ!と、スタートから到着までの380キロを、オープンでドライブを満喫できました。
天気が良かったので、行きは妙高あたりの景色が最高な上信越道経由で行くことに。
途中、佐久のSAの「平尾」でこれまた恒例にもなっている美味しいお蕎麦をいただきました。

道路は渋滞もなく順調に走ることができ、4時半には黒部へ到着です。
まず、総合体育館へ行き、選手受付を済ませ、黒部が初めてのI君のために黒部の建築見学プチツアーへ。
YKKの街でもある黒部市には、著名な建築家が設計した良い建築を各所にみることができます。

その一つが新居千秋氏設計の「コラーレ」。
市民文化センター的なかなり大きな建物です。17年ほど前の公共の建物なのですが、なんとなくバブリーな豪華さが漂っています。

今年も「コラーレ」_a0394451_14094530.jpg


5時半、黒部駅前のホテルにチェックイン。黒部唯一のホテルです。

どうやらこのホテルもYKKの系列だそうで、会社のVIPも使用するので、田舎の街にしてはちゃんとしたホテルなのです。
駅周辺にはまったく食事をするところがないので、ホテルの和食レストランで夕食となりました。
ボクは明日の大会に備えて、お代わりを2回もしたら、2回目にはウエイトレスさんが気を使ってくれて大盛りにしましょうかと、、、。いやいや、3杯ふつう盛りでいただいたのでもう十分でした。

食欲はばっちりですが、背中と腰の調子が気になるところ。
明日の朝、目が覚めたら背中と腰がすっきりしていることを祈り、9時過ぎ就寝です。
by hosoya_isao | 2012-05-26 18:13 | Comments(0)