改修工事は意外とタイヘン!?

このところ新築工事以外に3つの改修工事が並行して進んでいます。

改修工事は現況の把握、調査、認識からはじまり、クライアントの希望にそって設計を進め、見積もり、工事契約、着工と進んでいくのですが、どうしても最初の段階で読みきれない部分が発生して、工事費の増額や工期の延長につながってしまうという予期できぬ事態が発生してしまうケースが多々あります。

とくに、改修する建物は古いことがほとんどなので、当初の図面がなくなってしまっていたり、図面があっても正しくないというケースがほとんど、、、。
図面がない場合は、まず現況の採寸からスタートするので、基本設計がスタートするまでには新築の倍のエネルギーがかかるといっても過言ではありません。

ただ、やりがいとう点では新築にはない、ビフォーとアフターの大きな変化が味わえるという面白さもあります。

そういう意味においては、いろいろなやりがいを味合わせていただいてもらえるので、ありがたいことです。

改修工事は意外とタイヘン!?_a0394451_14322866.jpg


きょうはMビル5階の内装改修現場へ。
住宅だったフロアーを貸事務所への改修です。
解体してみたら、こんなはずでは、、、という箇所も何箇所かありましたが、施工会社の方々には前向きに対処してもらいたいへん助かっています。

設計者も工事関係者も、みんな前向きに考えているのですね。
自分達の利益の前に、まずはよい建物にするために、、、。
ありがたいことです。
by hosoya_isao | 2011-11-16 18:50 | Comments(0)