タイの洪水の影響?!

きょうの午前中は、K小学校児童クラブの現場での打合わせがありました。

この現場は昨日基礎の立ち上がりのコンクリート打設が完了したところ。
12月10日過ぎに上棟を予定しています。

きょうの打ち合わせの中で、現場担当者より今月末納品予定のトステムのアルミサッシが遅れるとのことでした。
その原因を聞くと、トステムのタイの工場が洪水の被害にあって、稼働できない状況とのこと、いやいや、こんなところまでその影響が出てきていることには驚かされます。
工期は2月末と厳しい現場なので、その遅れは痛いところです。

あとは、細かい納まりなどに付いてのうちあわせ。
この現場は設計は他の設計事務所によるもので、工事の監理のみを我が事務所がF市から受けて進めています。
これがネック、設計意図が良くわからない点なども多々あり、いといろとスムースに行かないことがあります。
こまごまとしたわかりにくい納まりについては、出来る限り改善する方向で進めていきたいとおもっています。

タイの洪水の影響?!_a0394451_14323861.jpg


午後はK大学へ。

毎週毎週、A3の用紙に新たに内容を濃くしたコンセプト、より進化した平面図、立面図、断面図の提出を要求します。
毎週毎週、新しい用紙に書き込んで提出というのはかなりハードな作業ですが、ほとんどの学生はなんとかまとめて提出してきます。それらはすぐに採点し、その日のうちに返却します。毎回採点するというのが重要なところです。
かなりスパルタな印象。
ですから設計の授業中に遊んでいる学生は皆無です。
この訓練が最終的にはより良い作品へと煮詰まっていくということなのでしょう。

毎週、成果物を要求するという指導方針から、T先生をはじめとする各先生方の意気込みの強さを感じるところです。
by hosoya_isao | 2011-11-29 19:34 | Comments(0)