山形M HOUSE地鎮祭


山形M HOUSE地鎮祭_a0394451_12260601.jpg




7時に目が覚め、ホテルの10階の部屋のカーテンを明けると遠くの山々は真っ白。
日差しはさしているので、天気は大丈夫そう。

早めにホテルをチェックアウトして現場へ向かいました。
現場へ到着し、その設営のすごさにビックリです。
Y社のY専務にお聞きしたら、工事の大小を問わず、地鎮祭の設営は同じようにしているとのこと、まさに官公庁の大型物件の地鎮祭といってもおかしくない設営した。

現場では9時半からの地鎮祭のスタート。
とくに驚いたのは鍬入れをする砂の山の大きいこと、高さが7~80センチくらいあり、きれいに形が整えられています。誰がどのように作ったのか興味津々。まさにアートでした。

順番に玉串をお供えし、工事の無事を祈念いたしました。身の引き締まる思いです。
いよいよ今月末より杭工事から始まります。

地鎮祭終了後、クライアントご家族、そしてY社のY専務、S部長を交えて記念撮影です。

山形M HOUSE地鎮祭_a0394451_12260831.jpg



地鎮祭の後は、Y社へ行って、施工図関係の受け渡しと今後の打ち合わせ。
東北も今は職人不足が深刻で、工程管理に苦労されているとのことでした。
この傾向はいまや日本中の問題になっているようです。

山形M HOUSE地鎮祭_a0394451_12260993.jpg


打ち合わせを終えて、市内のお蕎麦屋で昼食を食べていくことにしたのですが、その蕎麦屋さんが思い出せない、、、「庄司屋」。
事務所に電話をし、新建築に掲載されていた時の住所を聞きだし、ナビのおかげで行くことができました。
工事はいま幼稚園の木軸組を担当しているシェルターが担当した建物です。

山形M HOUSE地鎮祭_a0394451_12261054.jpg


わりと近くに、妹島さんの朝日新聞山形支局があるというのを聞いていたので、そちらもちょっと寄ってみました。
フラッシュサーフェスのツルツルばファサード。外壁には凹凸がいっさいありません。
窓もすべてFixのよう、、、通風・排煙はどうなってるんでしょう~、、、。

山形を午後1時に出発。
順調に走って、午後6時前に事務所へ到着できました。

きょうは地鎮祭、仕事終わりには山形で買ってきた生酒でみんなでささやかな宴となりました。
by hosoya_isao | 2013-11-13 19:43 | Comments(0)