百鬼丸の切り絵展へ


百鬼丸の切り絵展へ_a0394451_12345775.jpg




きょうの午後は川越の丸広百貨店で開催されている、百鬼丸の切り絵展を見にいってきました。

百鬼丸さん(渡辺さん)はT大学工学部のテニス部の2年先輩。同じ建築学科ということもあり親しくさせていただいていましたが、ボクは1年生の夏の山中湖合宿を最後に退部してしまい、それ以来疎遠になってしまいました。
ところが、大学を卒業し、数年して設計事務所を始めた頃のある日、新宿でばったり百鬼丸さんに会いました。
ちょうど百鬼丸さんもいろいろな職業を経て、切り絵作家として活動を開始したころだったともいます。
それ以来、再び交流が始まり、業界は全く違っているのですが、なにかと気にかけていただき、いまに至っているという関係です。

今回は川越では老舗のデパートでの展覧会。
ちょうど週末の川越まつりと開催期間があっているのできっと盛り上がることでしょう。

行ってみると西側正面玄関前でかなり目立っていました。
今回の会場が川越ということもあり、川越に縁の深い人物を題材にした作品を中心に展示してあるようです。
百鬼丸さんの切り絵はいつ見ても、その繊細さと迫力、すごいと感じます。
切り絵はもちろんですが、その元となるスケッチもすごいのです。
個人的には妖艶な切り絵も結構好きなのですが、、、最近拝見してませんが、、、。

きょうも会場へ行ってみると、外国人夫婦の方が興味深く見学中。
この切り絵はまちがいなく海外でもうけるのでしょうねぇ~。
たしか、11月にはまたパリで展覧会を開催するそうです。
異色の建築学科先輩の活躍、とても嬉しく思いました。


百鬼丸の切り絵展へ_a0394451_12345706.jpg



by hosoya_isao | 2014-10-15 19:09 | Comments(0)