気持ちを引き締めて、、、。

きょうの午後はT projectの打ち合わせへ。

まずはじめにT社へおじゃまして、竣工までの工程表を下に、仕上げに向けての細かいの仕様の打ち合わせ。
表札などの、会社のロゴや大きさといった細かい希望も聞いてきました。

そのあとは現場に移動して定例打ち合わせ。
きょうの現場は、ほとんどのアルミサッシが取り付き、外壁サイディングの下地合板が貼られていたのですが、その現場で驚いたのは図面と違う位置に窓がついている、、、、。

担当のKに確認すると、どうやら鉄骨製作図の段階で、鉄骨ブレースを逃げて取り付けたアルミサッシの位置を、意匠図に反映させていなかったことからのよう。
この位置ではレンジフードに当たってしまうため、窓を移動しなければなりません。
急遽、現場監督、鉄骨屋さんにお願いし、取り付け完了しているサッシの位置のレンジフードの当たらない位置に移動をしてもらうことになりました。

建築の図面は大きく分けて意匠図、構造図、設備図、そして製作図・施工図で成り立っています。
ひとつの変更があった場合、他の図面にも反映させて確認する必要があるのですが、そのようなことを怠ると今回のようなことになってしまいます。
今回はなんとか修正ができましたが、コンクリート打放しだったら致命的な失敗となってしまいます。

人任せにせず、各図面をちゃんとこまかく確認していかなくてはということを痛感しました。反省です。
竣工まで2ヶ月あまり。気持ちを引き締めて監理していきたいと思います。

気持ちを引き締めて、、、。_a0394451_13214410.jpg

by hosoya_isao | 2017-02-10 18:32 | Comments(0)