ゼロコロナ

ゼロコロナ政策の中国は、3月末からの上海に続いて北京でも都市のロックダウンをしているようです。
次女ファミリーの住む上海の隣町、蘇州でもこの2か月ほどは72時間以内の陰性証明書がない限りマンション敷地からは出られないよう。
ということで3日に1回はPCR検査を受けるのが日常となっているようです。
特に日常生活において困っていることはないようですが、幼稚園は昨年末からずーっと休園状態で、いつも子供が家にいて、子供の友達もジャンジャン遊びに来て賑やかすぎるというのがささやかな悩みのよう。
ちょっと驚いたのは休園でも週に1回はZOOMによる幼児同士のミーティングがあるとのこと、けっこう進んでるんですねぇ~。
そんな幼稚園も再来週からは公式に開園することになったようなので、現地のコロナの状況も徐々に改善されているようです。

2019年11月ころから武漢で発生した新型コロナウイルス。あっという間に世界中に広まりました。
ちょうど2019年12月下旬、ボクは蘇州に行っていて、武漢で新型ウイルスが発生しているというニュースは知っていましたが、たいして気にもせずに湖州あたりを旅行していました。
それが1か月もたたないうちに武漢がロックダウン。今度は中国で感染が急激に広まることを防ぐために入国を制限し始めました。
1月に日本に戻ってきた娘たちは、中国に戻ることが出来なくなってしまいましたが、なんとか2020年10月に上海・蘇州での2週間完全隔離を経て蘇州の家に戻ることが出来ました。
ということで通常であれば、年に2~3回は帰国していたのですが、それ以来1年半以上会えていません。
日本も、中国も、最悪の時と比べれば状況はだいぶ改善されているようなので、早く自由に行き来が出来るようになって欲しいところです。
それから、ゼロコロナ政策はWHOも言っているように見直しが必要なんでしょうねぇ~。

ゼロコロナ_a0394451_07395215.jpg



Commented by vienna-apfel at 2022-05-13 23:17
こんばんは!

上海の同僚が、ロックダウンで大変な目にあっています。。。
何か東京から物資とか、レトルト食品などを送ろうとしても、現地のロジが壊滅的でいつ届くかわからない、とのこと(涙)

個人的には、ゼロコロナ、というのは机上の空論のような気がします。かつてのスペイン風邪、ペストや天然痘、人類は疫病と戦い続けています。ゼロ、というのは今の時点ではないのかなあ、と感じています。

取り急ぎ、屋外でマスクとか、ばからしいプロトコルは無くなって欲しいものです。
Commented by hosoya_isao at 2022-05-14 07:26
vienna-apfelさん、上海市内は大変そうですね。
たしかに4月5日に蘇州宛てに書籍をEMSで発送しましたが、追跡してみる、といまだに上海国際郵便局に止められています。
ゼロコロナ政策に関しては、まったく同感です。
by hosoya_isao | 2022-05-12 20:39 | Comments(2)