どなたが買うのでしょう、、、。

先日、友人が昔買ったロレックスの値段が倍近くなっていると喜んでいました。
どうやらロレックスは品薄で中古品もどんどん値段が上がっているようです。
時計などの貴金属品にはまったく興味のないボクにとってはまったく縁のない別世界の話。
ボクの腕時計は日常使いも、ジョグのときに便利なセイコースーパーランナーズで十分と思っています。笑

そんなことを思っていたきょう、ネットで中古車市場をみていて驚かされました。
アルファロメオ4cスパイダーの中古車がなんと1598万円とのこと。
この車種は2020年にすでに生産を終えているクルマで、このクルマは最終限定生産モデルだと思います。
どのような人が買われるのでしょうか、興味津々です。
たしか最終版の新車価格は1100万円ほどだったでしょうか、、、。7000キロ走っている中古車なのになんと新車価格よりも4割アップです!
この車種は2016年モデルからあるのですが、最終盤と基本的には性能もデザインもかわらず、2018年モデルまで価格は850万円ほどでした。
もう新たには入手できないということからマニアからの需要が高くなっているということなのでしょう。
そいう意味においては時計もクルマも同じなのでしょうか、、、。
こうなってくると、時計や車を、単に愛好家ということではなく、投機の対象と考える人が現れることが正直残念に思えてきます。
ちなみにボクは「乗ってなんぼ!走ってなんぼ!」という走り屋派です。

それにしても建築の世界でも「デザイン価値が上がっていく!」こういうのがあったらよいなぁ~などと思ったり、、、無理かぁ。笑


どなたが買うのでしょう、、、。_a0394451_17352645.png

by hosoya_isao | 2022-06-20 17:35 | Comments(0)