<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


きょうは大学の授業の日、10時すぎには大学に着き授業でつかうプリントをTAのI君に人数分のコピーを依頼し2限のはじまるのを待ちました。

またもや今週も製図室の机の上は先週提出された建築設計1の課題がそのまま残されたままの状態で、学生に聞くと先週は課題の受け取りとグループ講評があり、今週の水曜日に全体講評をやるのでそのままにしているとのこと、それじゃーぼくの授業はどこでやればいいのーっ?て、やりばのない不満!!!

そこでわめいても仕方ないので片付けられるところは片付けて、片付けられないところの学生は図書館とか空き教室でやって4限の最後に全員そろって提出ということにしました。

きょうの課題は「2人のためのスモールハウス」の即日設計です。

敷地が5メートル×6メートルの都市型狭小住宅です。高さが10メートルという制限はあるもののそのほかは自由な設計条件としました。

はじめにぼくの経験談をまじえた狭小住宅の設計に関しての考え方や細かいデザインテクニックなどのレクチャーをして早速設計がスタートです。

各机を回って学生の作業を見てみるとみんなかなり苦戦を強いられている様子、狭小住宅の難しさを学生たちはおもいしったようです。

中型、大型住宅は意外と簡単なんですよね、特に学生たちにとっては。

階段の位置に四苦八苦、キッチンやバスルームも狭すぎてなかなかまとまりにくいんですね。

結局、今日中に平面図、断面図、立面図を書いて提出の予定でしたがほとんどの学生が平面図だけでいっぱいいっぱいという状況だったので完成できなかった学生は宿題ということにしてあげました。

狭小住宅を制するものは全ての建築を制すですかね!?あははーっ!


by hosoya_isao | 2006-05-30 22:23 | Comments(0)

狭小住宅の地盤改良工事


狭小住宅の地盤改良工事_a0394451_13550891.jpg


きょうは朝一番で大塚駅近くのI HOUSEの地盤改良工事の立ち会い検査に行ってきました。

先週末に地盤改良工事の1週圧縮試験が終わり、いよいよきょうから本格的な工事です。

前面道路は幅6メートルと狭く4トン車を止めて工事をするには通行止めにしなければなりません。そのうえそこは駅前商店街となっているため夕方4時までの工事時間の制限があります。

現場担当のTさんは事前に近隣の方々に説明しやっとのことで了解を得られたとのことです。

実際、現場にいってみるとかなりシビアな状況で工事をすすめていて4トン車をとめると残りのスペースは1メートルあまりしか残りません。そのトラックのまわりには地盤改良用の1メートル四方のセメント袋が山積みになっていました。

なんとかトラックとその袋の間をすり抜けて現場に立ち入ろうとすると今度は敷地入り口に直径2メートルほどのセメントとの撹拌用の水をためたプールが行く手をはばみます。

プールに落ちないようにカニ歩きでやっとのことで敷地内部に入れました。これを聞くと広い現場にきこえますがこの間わずか3メートルほどの行程です。

約5メートル四方の敷地の中ではやっとのことで入った重機がセメントミルクを注入しながら土の撹拌をしていました。

梅沢建築構造事務所のAさんと当方の担当Wと現場監督Tさんそしてぼくが立って打ち合わせをしているとその土地のアプローチ部分が完全に塞がってしまう狭さです。

きょうの様子では順調に進んでいるようで明日の午後にはこの工事は終わるとのこと、なんとか無事に終わることを祈るばかりでした。

帰りがけに梅沢構造事務所のAさんに聞いたら、ぼくの事務所の建物が梅沢構造事務所の最狭記録を更新しているとのこと、恐縮です。


by hosoya_isao | 2006-05-29 18:51 | Comments(2)

お幸せに!


お幸せに!_a0394451_13550798.jpg


きょうは卒業生の百ちゃんの結婚式がありました。

百ちゃんは学生時代よく事務所で模型作りの手伝いをしてくれたり、スタジオ4ツアーのスタッフや、オープンハウスの受付など、ぼくの事務所ではサポートスタッフとしてかかせない存在でした。

小柄な体とはうらはらに、高校のころはソフトボール部のキャプテンをしていたという彼女は強いリーダーシップを持ち、徹夜で模型作りを手伝ってくれた根性の持ち主でした。

時には打ち上げと称してみんなで朝まで飲んだり、事務所の研修旅行という名目で手伝ってくれた学生たちと海に行ったりした楽しい想い出もたくさんあります。

就職のさい、そんな彼女の能力を生かせるところはないものかと一生懸命就職先をさがし、なんとか知り合いの南條洋雄さんにお願いして南條設計事務所に入所できたことが昨日のことのようですね。

そんな彼女の結婚式なので、ぼくのうれしさもひとしおでした。

そして彼女の結婚相手H君も大学の同じ学科の同級生とのことでしたが彼の学生時代の記憶はまったくありませんでした、ほんとすみません!

野球好きでノリのよさそうな彼は現在ゼネコンの現場で頑張っているとのこと、野球好きで頑張り屋の百ちゃんにはピッタリの相手のようです。末永くお幸せに!




それにしても結婚式っていいですね、うっかりしていると、ついついうるうるしてしまうのは歳のせい、、、?


by hosoya_isao | 2006-05-28 17:55 | Comments(0)

きょうの雑感


今朝は5時に目が覚めてしまったので思い切って起きてしまいました。

早速PCのメールチェックとブログのチェック。驚くことにブログは0時から5時までのあいだにカウンターが6 0件以上になっていました。

深夜に読んでくれている人達が多いんですね、ありがたいです。




きょうは2週間ぶりの箱根の現場の日、7時すぎには家をでなければならないのでアルピーヌとのジョグは中止、かわいそうなのできやすめですが庭でのオシッコとウンチに付き合ってあげました。

新宿8時53分発のロマンスカーは金曜日のためかいつもよりも混んでいて、おばさまグループや家族連れが多く車内は賑やか、っていうかかなりうるさくて参りました。うるさすぎて本は読めずI PODのボリュームを上げてもその騒音はきえません。

楽しみにしていた折角の行楽なのだからおう目にみてあげなければいけないのでしょうが、、、、。

結局、寝ることも考え事も音楽を聞くこともできないまま箱根湯本駅到着となりました。




現場での打ち合せは順調に終わり夕方には帰ってくることができました。

そしてお茶を飲むのもそこそこに7時から理事をしている社会福祉法人の理事会に出席です。

もう10年ほど理事をやらせてもらっていますが利用者の立場にたった老人福祉施設の大切さ、そして運営のむずかしさを痛感します




日々、住宅や商空間の設計をしつつ、ときには大学では若い学生たちに接し、そしてときには高齢者の方々のことを考える機会をあたえていただいることを感謝しています。


by hosoya_isao | 2006-05-27 11:08 | Comments(0)


きょうは霞が関での用事を済ませて西麻布の現場に進捗状況を確認にいきました。

今週火曜日に1階立ち上がりのコンクリートを打設しきょうは型枠のバラシ。きれいにコンクリートが入ってくれていればいいのですが、きょうのところはまだ確認ができず次回におあずけでした。




久しぶりに天気もよく風も気持ちよかったので原宿駅まで歩くことにしました。途中、いつも気になっていた表参道ヒルズの公衆トイレによって用を足していると、隣で用を足している人が「ホソヤサーン!」と声を掛けてきたのです。

ビックリして横を見るとジムじゃぁないですか!

「イシンデンシンデスネー!」「ナニシテンデスカー?」ってジム。「オシッコでーす!」とはいいませんでしたが、、、。

外に出て聞くと、新しくはじまる神宮前のプロジェクトの近隣説明会の打ち合わせの帰りだとか、じゃあお茶でもということで近くのカフェで久しぶりにいろいろ話してきました。

ジムとはもう15年来の付き合いで日本での身元引受け人を名乗れるくらいの家族同様の存在です。

彼と知り合ったきっかけはぼくが当時在籍していたJC主催による地域にすむ外国人との国際交流会でした。

当時、彼は高校のEATをしていたのですが聞くとバージニア大学の建築学科を卒業しているとのこと、じゃうちの事務所に来たらということで高校の授業が終わってからほぼ毎日ぼくの事務所にきて仕事を手伝ってもらいました。

その見返りに?毎晩夕飯を食べてかえっていきましたね。

そして休日にはいろいろな建築を見てあるき、遠くは関西、九州まで車で建築見学ということもありました。

その後ハーバード大学大学院に合格しアメリカに帰国したものの大学院修了とともにまた来日し今度は正式に日本の設計事務所に就職し、いまは光井純アンドアソシェーツ建築事務所で活躍しています。

つい先日完成した南青山の御幸通りにあるザ ジュエルズ オブ アオヤマ(カルティエが入っているビル)も彼の担当の仕事で、こんどはいまのラフォーレ別館のビルの建て替えの計画を実施設計中とのことです。

今回のクライアントも前回同様、外資デベロッパーV社とのこと、改めて外資系デベロッパー、外資系ファンドの威力を思い知りました。

彼との話の中で先日おなじクライアントのビルが明治通り沿いに完成したとのことで帰りがけに一緒に見にいってきました、これもスゴーイ!

これはイギリスの設計事務所によるものでエレベーターシャフトから外壁はすべてDPGガラスで、なん層かずつ傾斜していてダイヤモンドのような印象です。そこまでやるんかい!っていう感じでした。




それにしても、またまた原宿駅前に大きな土地を取得したというV社の威力に驚いたのと同時に、いつのまにか青山や原宿に詳しくなっている我が舎弟、ジムにも驚かされてしまいました。

いやーいろいろなクライアントがいるものですねー。

そしてジムと竹下通りを経由して原宿駅まで一緒にぶらぶら歩きながら、近々に飲もう!と約束して帰ってきたのです。

以心伝心ていうか以心便心?_a0394451_13550717.jpg


by hosoya_isao | 2006-05-25 19:21 | Comments(4)


製図課題提出前日かーっ!?_a0394451_13550741.jpg


きのうは大学での授業の日、ところが登校して製図室にいくと机の上や床には模型材料や食べ残しの食料や飲み物が散乱し、机の下には学生がいたるところに寝ているという異常な状況でとても授業ができる状態ではありませんでした。

知らない人がみたらさながらガス爆発事故のあととでもとれるような光景です。

というのも3年生の建築設計の課題が明日提出ということで、学生たちは何日もまえから製図室に泊まり込んで作品制作をしているのです。

2~3日寝ていないという学生も多くいてとて、きょうのぼくの授業どころではないようでした。

体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいの学生ばかりだったので、先週出したぼくの授業の課題は今日中に提出できる人はしてもらい、無理な人は来週でもよいということにしてあげました。

ということでぼくの授業をとっている学生たちのほとんどは明日提出の建築設計の課題をやっていたようでが、なかには数人ちゃんとこちらの課題もやってくれた学生がいてくれたのはよかったですね。

ぼくも、せっかく2、3、4限はその製図室にいるのでその課題の相談にものってあげることにしました。

大学生の授業のなかで2日も3日も大学に泊まり込み徹夜で作業に没頭するなどということは建築学科以外では考えられないことでしょう。

建築学科はやはり建築が好きでなかったらなかなかこの試練はのりこえられないのでしょうね、

そして試練というよりイベントを楽しむくらいの勢いの学生が良い作品をつくるというのは実社会における設計活動にも通じているようにおもいました。

辛くても楽しみながらやった仕事は良いものになるようです。


by hosoya_isao | 2006-05-24 10:36 | Comments(3)

スマスマのユーミン


昨日は朝のテレビの番宣で夜10時からのスマスマでスマップとユーミンのコラボがあるとういので早々に食事と入浴を済ませて見ましたよ。

ユーミンのテレビ出演はめずらしいこと、時間は短かったでしたがなかなかよかったです。




学生時代から松任谷由実(当時はまだ荒井由美)は大好きでした。歌詞もメロディーも、アップテンポの曲もスローな曲もどの曲も好きでした。

いつも車の中にはユーミンのカセットテープが数本入っていて、いつもいつも聞いていた気がします。どちらかというと家で聞くというより車の中で聞くのに相応しいっていう感じでしたね。

というか車キチガイのぼくにとっては車の中で聞くのに絶対欠かせないカセットテープした。

ユーミンは同世代で車好きでドライブ好きで、カッコつけてて、鼻っ柱が強そうで、強がりで、寂しがりやで、海が好きで、山が好きで、、、、、、。(本当のユーミンはしりませんが)

性別こそ違いますがとてもとても共感するものがありました。たぶんぼくが女性だったらきっとユーミンに近かったのかなーなんておもったりしたりして、、、そのことを友達に言っては笑われていましたね(笑)

音楽って不思議なもので、曲と想い出のシーンやそのときの気持ちが鮮明によみがえってくるんですよね、いくつになっても。

きのうも若い頃のたくさん想い出をを振り返ってしまいました。

きっと一生聞き続けるのでしょうね。

それにしてもテレビでみたカウボーイハットにパンツルックのユーミンは若々しく、スマップに引けを取らないダンスもなかなかカッコよかったですよ。


by hosoya_isao | 2006-05-23 20:16 | Comments(0)


きょうは上杉啓教授の最終講義と退職祝賀会がアルカデァ市ケ谷であり出席してきました。

上杉先生はぼくらが在学中から東洋大で教鞭をとられていて今年で在職37年になるそうです。

専門は一般構造で、日本におけるプレハブ工法の研究では第一人者です。

先生の授業ではプレハブ工法はもちろんのことディティールや製図方法まで建築の基礎を丁寧に教えていただきました。

そういった意味ではぼくの目指している生きた授業だったといえるでしょう。

なによりも印象的だったのは学科の先生のなかで飛び抜けてオシャレだったことです。

陰気くさくファッションセンスとは程遠い工学部の先生のなかにあって建築のデザインを教える先生はこうでなければね!とおもえるセンスの良さでした。きっと建築に関するセンスもいいのだろうと期待して授業をうけていたことを思いだしましす。

きょうの最終講義では最近の先生の研究テーマである竹に関しての話をしてくださいました。

中国にはじまりミャンマー、マレーシア、コロンビアなど世界各地を訪ねて撮ってきた写真を紹介しながらのとても興味深い講義でした。

講義のあとは祝賀会です。先生の奥様やお子さん夫婦、そしてお孫さんたちも出席され、多くの研究室OBたちにかこまれた先生はご満悦のご様子、研究室をもたないぼくには羨ましいかぎりでした。

ぼくも60歳すぎたらテーマを決めて世界各地を旅したいものですね

学生時代も理想の上杉先生でしたが、いまでもぼくにとっては理想の生き方をされている先生ということを感じました。

ぼくもまた理想に向かって頑張りましょう!

上杉教授最終講義、退職祝賀会_a0394451_13550639.jpg


by hosoya_isao | 2006-05-20 22:51 | Comments(0)

長かった1週間


今週は長かったですね。

先週末に旅行があり、その疲れも癒す間もなく月曜日は旅行の片付けや残務整理。

夜は10年前に改修設計をしたマンションの大規模改修設計の打ち合わせ。

火曜日には大学の授業があるので月曜日中に各参加者あてに写真を同封したお礼の手紙をかかなければなりませんでした。

でも旅行から2日目に写真と手紙を渡すと『はやーっ』とみんな驚き、とても喜んでくれるのがたまりません。

火曜日は大学の授業、水曜日は打ち合わせ、木曜日は事務所で終日作業をしたものの金曜日のきょうも午後は銀座のR社で打ち合わせがあり、さっきかえりました。




4月の連休以来(実際は4月に入ってから)、いろいろな行事がかさなり通常の生活パターンが崩れ気味です。

このところなにかと夜が遅くなり気味で、11時過ぎの就寝ができず必然的に朝は5時50分に起きることができません。という訳で唯一の被害者がアルピーヌです。

毎朝のジョギングを楽しみにしているアルピーヌにとっては納得いかないところでしょうか。

今週末にはしっかり疲れきるくらいの埋め合わせをしてあげましょう。




それにしても朝、早起きができない日はリズムが狂ってしまい、いまいち調子がでないようです。

早起きをしてラジオの英語講座を聞いて、3キロのジョギングをして朝食、8時に仕事開始がベストコンディションなのです。

来週からまた通常モード復帰できるよう頑張りたいとおもいます。


by hosoya_isao | 2006-05-19 20:26 | Comments(0)

打ち合せのハシゴ


打ち合せのハシゴ_a0394451_13550604.jpg


昨日は打ち合わせのハシゴでした。

といっても二つの現場は担当者はちがうのですが 同じ施工会社です。片方の現場は1階立ち上がり、もう一つは基礎工事に入るところということで、それぞれの打ち合わせを椎名町のW建設本社の会議室で行うことになりました。

こちらもそれぞれの担当者を同行してサッシ、設備を中心とした4時間ちかくにわたる長時間の打ち合わせでした。

サッシに関しては特殊な納まりをする、というかさせてしまう我が事務所にとっては設計意図を汲んでくれて、難しいおさまりを前向きに考えてくれるサッシやさんが理想なのですが、今回のサッシやさんは以前、何回もやってもらっている業者さんで話が早くてたすかります。




打ち合わせのあとは担当者S氏の車にのせてもらって西麻布の現場へ。夕刻でにぎわいはじめた表参道を横目に、、、。

途中の山手通りの初台あたり、高速道路の工事も、いつのまにかかなり進んでいることにもビックリでした!

現場に着く頃には雨も本降りでしたが傘をさしつつ、型枠や配筋の様子をしっかり見てきました。




それから渋谷まで送ってもらい、渋谷『かまくら』へ。

1号店の渋谷店は開店から6年がたち、一部リニューアルの計画がありとりあえず現況の写真を撮ってきました。

6時すぎにもかかわらず客席は満席状態!設計したものにとってはとても嬉しいことです。

『かまくら』は銀座、新橋、池袋と出店し現在5号店を計画中です。乞うご期待!!!


by hosoya_isao | 2006-05-18 20:16 | Comments(0)