<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

春ツアーの下見


春ツアーの下見_a0394451_15451210.jpg


きょうはスタジオ4ツアー春の部(5月12~13日)の下見の日。

スタッフは7時半にふじみ野駅に集合して予定コースをクルマで走ってきました。

まず始めは、妹島さんの群馬県鬼石の鬼石多目的ホール。ふつ~うの田舎の住宅地にいきなり現れるフラットルーフーフのうねったガラスの空間は反対側まで視線も動線もぬけて金沢21世紀美術館に通じるデザインコンセプトを感じました。

そして続いて池原義郎さんや柳沢孝彦さんの設計した商業施設のある軽井沢プリンス ショッピングプラザです。到着した時間が9時半前でまだ店が開いていなかったので大型バスの駐車スペースを碓認し、クルマも降りず次の目的地へ。

次は北国街道の海野宿。数年前に国道から直に行ける跨線橋が出来たり白鳥神社前に大型駐車場ができてとても行きやすくなりました。

海野宿を経由して宿泊予定の伊東豊雄さん設計の大田区休暇村とうぶへ。

ここまでが1日目。

そして2日目予定の小淵沢に向かいます。

本来は国道141号線で野辺山、清里を経由して行くつもりだったのですが、カーナビによると更埴経由の中央道で行った方がはやいとのこと、急遽コースを変更して高速で小淵沢にむかいました。

まず4月29日オープンの北川原温氏設計のキーフォレスト美術館(写真)です。オープン直後の見学となり、今回のツアーの目玉です。

現地は工事追い込み真っ最中、あと1か月後にオープンです。現場の方々、がんばってくださ~い!




続いて長坂の清春白樺美術館をみてきました。

谷口さんの初期の作品であるチャペルと美術館、藤森照信さんの木の上の茶室、吉田五十八の梅原龍三郎のアトリエ、ギュスターブ エッフェルのラ リューシュなど。

谷口さんの清春白樺美術館は土門拳美術館の原型のような雰囲気をただよわせていました。

私事、途中、我が愛犬アルピーヌが捨てられていた乗馬クラブの前を通過した時には3年前の台風のとき子犬を引き取りに行ったときのことを想いだしました。

たしか兄弟はまだこちらの校長先生のもとで飼われているとのこと、こんどアルピーヌをつれて里帰りしてみますかね。




それからマリオベリーニによる設計のリゾナーレへ。係の人にお願いしてぼくたちはクラインダイサム設計のチャペルを見学させていただきました。

ツアーでの見学もお願いしたのですがチャペルの使用があいていれば可能とのこと。

ところが現在5月の当日の挙式を迷われているカップルがいるので少々待って欲しいとのことです。それってどういうこと?カップルさん、早く決めなきゃ!!でも迷ってるんだったら止めといた方がいいかも?おおきなお世話でした!




一通り下見を済ませて中央高速道で無事帰ってきました。総走行距離は530キロ。

いつものツアーの半分以下、今回はけっこう近いんですね。

興味のある方は是非参加してください。25回目のツアー、昼夜ともに盛り上げていきますよ!

詳しくは来週中にホームページにアップしておきます。

申し込み受付は4月2日から、おまちしていま~す。






by hosoya_isao | 2007-03-31 17:31 | Comments(0)

ZO設計室20 周年パーティ


ZO設計室20 周年パーティ_a0394451_15451058.jpg


きょうはZO設計室の20周年のパーディにいってきました。

信頼のおける協力設備事務所としてZO設計室のKさんとはもう15年くらいのお付き合いになるでしょうか。

きっかけは設計修業時代の後輩、Fさんからの紹介でした。それ以来、小さくて手間のかかる物件ばかりですが、懲りずに提案、協力いただき感謝しています。




夕方の別件の打ち合せ長引き少々遅刻してしまいました。柿沼さんのあいさつに間に合わず失礼をしてしまいましたが、建築家のN先生のK夫妻のユニークなお話が聞けてとてもよかったです。

ぼくはZOさんのスタッフの方々はよくしっていますが、ZOさんのお付き合いしている事務所の方々はよく知りませんので、行く前はどんな方々が出席されているのか、話相手がいるのか少々心配して伺ったのですが、行ってみたら意外と知ってる方がいらしてホッとしました。

まず、昔の後輩、いや同僚のFさん、久しぶりです。そしてぼくがこの世界に入って初めて知った建築家でいつもぼくの目標としていたN先生、Na設計室のNaさん、T大学の学生がお世話なっているMuさん、そして大学の先輩Maさんに後輩のKo君などなど。

ほかにもたくさんのそうそうたる出席者の方がいらしてKさんの人望の厚い人柄を感じました。

また、はじめてKさんの奥様とお話させていただきました。

「主人を尊敬してます!」とおっしゃっていた奥様、明るくざっくばらんなすばらしいかたでした。クレオパトラのようなヘアースタイルもけっこうイケてましたね。

後半はけっこうワインもいただき、男前?のK工房のKさんやKo君といろいろな話で盛り上がってしまいました。




こういう会っていいですね、ZO設計室のKさん、奥様、そしてスタッフのみなさまありがとうございました。

我が事務所も再来年で30周年、なんかやっちゃう~?


by hosoya_isao | 2007-03-30 21:53 | Comments(0)

女子介護士がたりない?


きょうの夜は開設以来、理事をさせていただいている社会福祉法人S会の理事会に出席してきました。

この社会福祉法人は特別養護老人ホームと在宅介護支援センターを運営していますが、この4月から、在宅介護支援センターが地域包括支援センターに変わるとのことです。

これまでの要介護の在宅高齢者の支援はもとより、「できる限り介護が必要にならないようにする」「介護が必要になってもそれ以上悪化させないようにする」という介護予防に主眼をおいて、より総合的に高齢者を支援する施設とのこと。

身体機能の介護だけではなく、悪質な訪問販売などの高齢者の被害を未然に防ぐサービスや認知症にかかった老人の財産管理などのアドバイス、また高齢者虐待問題などの相談も受け付けるというまさに包括的な支援施設なのです。

高齢者とのかかわりのない日常を過ごしている人にはなかなかピンとこない施設ですが、高齢化社会になりつつある現代、このような問題を抱えている方が多いことを改めて感じました。

また、施設長の話しの中で、いま介護士がたりないとのこと、しかも女子が。

やはり女性は女性に介護してもらいたいそうです。まあ、男性もどちらかといえば女性による介護のほうが、、、いくつになっても?。

景気が回復しつつある昨今、老人福祉の職を目指す人が減ってきていること。そしてそれに反比例して民間の老人施設がどんどん増えていることによるのだそうです。

高齢者介護の仕事は十分やりがいのある仕事なのですがどちらかというと地味な仕事、景気回復と同時に、各業界からの求人は多くなり、若者はより華やかな仕事を目指す傾向があるようです。

これからは人材確保に地方の高校をまわるようになるかもしれないとこぼしていました。

景気回復のしわ寄せがこんなところにもあらわれているんですね。

会議が終わってから庭のライトアップされている満開のしだれ桜をみんなで見学てきました。

ことしも満開の桜は入所者の方々のこころを癒しているようです。きっと1年に1回の満開のさくらを感慨深く観賞されていることでしょう。




by hosoya_isao | 2007-03-29 22:00 | Comments(0)

ともだちのWA!


午前中はBBSの現場に行ってきました。

現場でマスターのSさんと打ち合せをしていると外からぼくを呼ぶ声、誰かと思ったらJC(青年会議所)時代からの親友でF市の市会議員もしているMiちゃん、きょうは髪のカットに来たとのこと。いや~ひさしぶりです。

MiちゃんとBBSのマスターも大親友、きっかけは25年まえにぼくの設計したBBSの建物が気になり、とびこみで来店した人のひとり。

たまたまぼくがJCに入っていて、後からMiちゃんが入会してきてBBSの話しなどで意気投合。それ以来JCで出会った仲間では最も親しい友人のひとりです。

そのMiちゃんのイタリアンレストランで開かれた地域に住む外国人との交流会で出会ったのがぼくの舎弟分、JIMです。

当時はF高校のEATをしていました。それ以来JIMとは15年以上の付き合いになるんですね。

そしてJIMからは坂事務所のアンさん、槙事務所のミッシェール、KIMさんなどどんどん友達の輪がひろがっていきました。




そしてきょうの夜は6年ぶりに新宿でMaちゃんと会いました。MaちゃんはBBSの客であるN君の友人でMaちゃんとはクルマや音楽の趣味も合い、バブルのころは一緒によく遊んでいました。

そしてMaちゃんの知り合いだったToさんを紹介され、一世風靡したR?hallをはじめとする一連のクラブの設計を手掛けることになったのです。

そしてそこで番頭役をしていたのが今も仕事で一緒しているR社のH社長と言う訳。

そして偶然、きょう行った新宿のバーのマスターはなんとそのH社長の同じ中学の1年先輩とのこと。

いや~世の中広いようで狭~い!どこでどう広がって行くかわからない、、、。

人と人の出会いっておもしろいですよね。まさに一期一会ですね!

これからも出会いを大切に生きて行きたいとおもいます。


by hosoya_isao | 2007-03-28 23:15 | Comments(2)


これがNEWアルファスパイダー?_a0394451_15451074.jpg


きょうは午後の一時、仕事の手を休めY君に協力願いスパイダーを所沢のディーラーまで12か月整備にもっていきました。

本来なら先月やるべきだったのですが、これまでなかなか時間が取れず今日になってしまいました。

このところウインドーウォッシャーのホースが劣化してはずれやすくなっていて、雨の日に汚れたフロントウインドーをきれいにしようとウォッシャー液を出そうとしても出ないことがたびたびありました。その修理も今回の整備でお願いしておかなければなりません。

その他はこれといって調子の悪いところなく、オーナーともども最近はいたって快調です。




ショールームにいくと真っ赤なニュースパイダーが展示してあったのでじっくり観察してきました。

いや~やっぱりガッカリのデザインでした。とくにリアーデザインは最悪。聞くところによるとボディ全体はジウジアーロなのですが、リアー部分がピニファリーナとのこと、最近流行のコラボレーションということなのでしょうか。

それにして分厚く重重もしいデザインはイタリアのクルマとはおもえない、あまりにもひどいデザインに見えてなりません。

エンジンもニューモデルからはGMの開発したもので、メカニックによると性能はそこそこのようですが音は低めのまさにアメ車とのことです。

小排気量でよく回り、高めのエキゾーストノートがアルファの神髄ですよね。

ニューモデルになるたびにデザインも洗練されて進化しなければならないのに、、、。

建築デザインにかかわる自分自身も十分、己に言い聞かせなくてはいけません!


by hosoya_isao | 2007-03-27 18:22 | Comments(0)

あ・い・さ・つ


毎朝愛犬アルピーヌとジョギングをしているのですが、途中何人かの愛犬と散歩中の方に会います。

そんなときはいつも「おはようございます!」とあいさつをかわします。

ところが以前、畑の中を散歩中、まわりにだれもいなかったのでノーリードで愛犬と一緒に走っていたら、前から中年の女性が柴犬を連れて歩いてきたのです。すぐに引き綱を付けようとしたのですが我が愛犬は調子にのってはしゃぎ回ってしまいました。

その女性の柴犬はかなり攻撃的な性格のようでアルピーヌに向かって興奮して吠え続けていました。

アルピーヌはまったく気にする気配もなく、ぼくに付いて来たのですがその女性はすれ違いざま「ちゃんと繋いでくださいよ!」と恐い顔で怒られてしまいました。

こちらが悪いのでしかたないのですが、、、愛犬ともども朝からおこられてしょんぼり。

それからはちゃんと繋いでジョギングをしていますが、途中たまにその女性とあうのですがその一件以来、目もあわせず、もちろん言葉もかわさずすれ違いでした。

朝からそのようなシーンはあまり気分のいいものではありません。

先日思いきって、「おはようございます!」と声をかけてみました。

先方さんは戸惑ったような感じですれちがっていきました。そのつぎも同じように「おはようございます!」と声をかけると小さな声であいさつが返って来たようにおもえたのです。また次もあいさつをするとそのうち「おはようございます!」とかえってきました。

それは朝からとってもいい気持ちになりました。

そしてやっと毎朝のジョギングで気持ち良くあいさつを交わし清々しい1日のスタートがきれるようになったのです。




以前、知人から聞いたことを改めておもいだしました。

『あ・い・さ・つ・の基本は「あ」かるく、「い」つも、「さ」きに、「つ」づける。だそうです。』この歳になってやっと納得!


by hosoya_isao | 2007-03-26 20:25 | Comments(0)


雨のち曇りの熊谷さくらマラソン_a0394451_15450931.jpg


きょうは朝5時半、起床。

外を見ると小雨がぱらついていました。天気予報では午前中は低気圧が通過するのでまとまった雨になるとのこと、きょうは熊谷さくらマラソンの日なのに~。

雨だからリタイアなんていう柔な精神の持ち主ではありません、むしろずぶぬれになって雨の中をいい歳をして夢中で走るなんて、そう経験できることではないんですよね。

そいいえば、2年前の春の幸手マラソンは終止雨で寒くて筋肉が硬直してしまったことがありましたが、きょうはわりあいと暖かくてよかったです。

6時15分に家をでて、一路熊谷運動公園へ。

会場には7時過ぎに到着し早速、受付を済ませました。この会場はとても広く、クルマも近くに置けるので便利です。

どこのレースもそうなのですが、受付がはや~い時間なんですね。10キロのスタートは10時35分なので、約2時間余り時間をつぶさなければなりません。

そんなとき、駐車場が近いとすごく助かります。とくにきょうのように雨が強く降っている時などは屋外にはいられません。

幸い強く降っていた雨も10時近くなると小降りになり、スタートの時間には止んでくれました。

かぶろうと用意していったビニールのゴミ袋の必要もなくなりました。

コースは平坦で、途中にはちょうど咲きだした荒川土手の桜並木があったり、星川通りを通過したりと楽しく走りやすいコースでした。

といっても一所懸命に走ったタイムは55分、やっぱトレーニングがたりないといったところですかね、反省です。次は50分を切りますよ!

いままでのベストタイムは42分なのですが、、、念のため。




いつも思うのですがマラソン大会に参加する人はなぜか一人が多いんですよね。

駐車場のクルマを見てもほとんどが一人参加です。

長距離ランナーは暗いんでしょうか、いやいやきっと一生懸命ゴールをめざして走りながら自分自身と対話しているんですよね。それにはやはり一人参加のほうがいいみたいです。

まあ、ぼくは応援団がいてくれたほうがうれしいですが、、、。


by hosoya_isao | 2007-03-25 13:29 | Comments(2)

母の実家の墓参り


母の実家の墓参り_a0394451_15450984.jpg


きょうは彼岸の明けの日、我が家の墓参りの前に母の実家の墓参りに行ってきました。

母は新座市の生まれ、墓は平林寺にあります。

母の実家の墓へのお参りは彼岸、お盆そして大晦日に行くようにしていますが、それにはちょっと理由があります。

ぼくは4男ですが兄弟はそれぞれ独立し、ぼくが両親と一緒に実家に住んでいました。

父は10年前の他界し、母は3年前の3月23日に亡くなりましたが、ぼくは不本意ながら晩年の母には親不孝ばかりしてしまいました。

そんな苦労をかける息子に対して母は文句も言わず、いつもぼくのことを心配し続けてくれていました。

母にはもっと平和で穏やかな老後を過ごしてほしかったのに、、、。

そしてそんな親不孝息子をもった母をだれが一番悲しみ嘆くだろうと思った時、それは母の両親であろうと気付いたのです。

母の両親はとっくの昔に亡くなってしまっているのですが、せめてお墓にお参りして大事な子であるぼくの母に辛い思いをさせてしまったことを詫びに行ったのがはじまりです。

母の生前、そんなぼくの墓参りを知って喜んでくれたのがせめてもの救いでした。

いくつになっても、そして親が亡くなっても子が親をおもうこころ、親が子をおもうこころはかわらないような気がします

これからも我が家の墓参りと同様、母の実家の墓参りも続きます。


by hosoya_isao | 2007-03-24 19:41 | Comments(0)

お手間かけま~す。


お手間かけま~す。_a0394451_15450804.jpg


BBSの現場に行ったら、3帖の和室、またの名を瞑想室の壁を左官屋さんが仕上げてくれていました。

狭い和室にもかかわらず壁と天井の納まりが凝っていて、R状のシナベニヤの天井が壁から縁が切れて浮いていて、聚楽壁がその天井との100ミリの隙間を塗りあがっているのです。

そして壁が仕上がったら、その奥にリネストラランプの間接照明がセットされます。

たった100ミリの隙間から小手を入れて作業をするのはかなり大変そう、その状況を見ているだけで申し訳なく思えてきてしまいました。

手が入る最小寸法を原寸図を描いて決めたのですが、実際は小手を持ってタテにヨコに手を動かさなくては塗れなかったんですよね。

描くは易く、施工するは難し!を実感です。

左官屋さんは、ぼくの姿をみつけて笑顔でぼくに「仕事とはいえ、凝った納まり考えてくれますね~!」って。

「すみません、お手間かけま~す。」って、恐縮してしまいました。あたまポリポリっていう感じ。

でもきっと職人さんの皆様の力が結集されて仕上がったら絶対にきれいになりますよ。

たかが3帖の和室ですがみんなの苦労と技術が詰まっているのですから。

いつもいつも設計者の我がままを、たまにはやな顔をしても結局聞いてくれる職人さんに感謝です。

設計屋なんて言うだけで自分では出来ないのに、ほんと我がままですよね、でもそれが仕事なんです。スミマセン。


by hosoya_isao | 2007-03-23 14:24 | Comments(0)


きょうは夕方6時にY君と事務所を出て伊勢崎のAさんのお宅へ、打ち合せにいってきました。

先月ETCを取り付けて、はじめて仕事で使いました。

いやー便利、便利!事務所から3~4分で行ける三芳パーキングエリアのETCスマートICから関越道に入り、夕暮れの中、一路北へ。

こんな時間に関越道を北に向かって走るなんてとても珍しいこと、陽が沈み稜線がだんだんと闇に消えていく秩父の山並の景色はとても美しく新鮮な感じでした。

しばらく調子にのって走っていたらカーナビから「コースを外れました」との指摘、そうそう!!!本庄、児玉インターで下りなければならなかったのに通過してしまったのです。

行き先が伊勢崎市だったのでてっきり北関東道の伊勢崎インターで下りればいいと思い込んでしまっていました。

いまさら戻れないので結局伊勢崎のひとつ手前の駒形インターで下りて、目的地へ向かいましたが、予定よりも20分以上遅れてしまいました。すみません。

はじめからぼくの先入観で走っていて、ナビがありながら、それを生かしきっていなかったことを反省です。




きょうの打ち合せは完成した実施設計の碓認。

のりのいいAさんご夫婦との打ち合せは、楽しく盛り上がりながら順調に終わりました。

次は、いよいよ少々恐怖の?見積りへとすすんでいきます。




帰りはAさんにしっかり道を聞き、カーナビも帰宅モードにセットして、正規のコースで戻ってきました。

Aさん宅を8時40分に出て本庄児玉インターから高速に乗り、順調に飛ばし三芳パーキングエリアで下りて事務所に着いて時計をみたら9時半。

いや~はやっ!!!伊勢崎から50分もかからなかったのにはビックリ。

これから秋まで、こんなドライブが続くとおもうとちょっと楽しみでもあります。


by hosoya_isao | 2007-03-22 22:19 | Comments(0)