<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

予想以上の眺めです~

きょうはK HOUSEの定例打ち合わせの日。
先週は連休があったので2週間ぶりとなります。

まずは椎名町のW社会議室で現場担当者、設備、電気、サッシ、そして造作家具の打ち合せがありした。
工事スタート間際は、ピリピリしていた打ち合わせのムードも、だんだん気心もしれてきたせいか最近は和気あいあい、和やかな雰囲気で進んでいきます。
力をあわせてのものづくりは、出来ればいつもこのような雰囲気で進んでいってくれるとよいのですが、、、なかなかそううまく行かないことも多々あるのも事実ですが、、、。

打ち合わせを終えて、午後は大崎の現場へ。
3階のスラブを上げているところでした。
午前中は作業をしていたようですが、あいにくの雨で危険になったので職人さんは引き上げ、現場には担当者のKさんだけが待っていてくれました。

活気のある現場も良いのですが、ボクは静まり返った現場も好きです。
早速、3階のスラブの型枠が上がっていたので上ってみました。

もともと崖の上の敷地に建っていた建物は2階建てだったので、設計の段階では新たに3階になったときの眺望はわかりませんでした。
きょう初めて上ってみてその眺望にはビックリ!
戸越銀座商店街を通り越して、川崎方面に180度以上の素晴らしい眺めです。

こんな景色を毎日眺めながら、食事をし、風呂に入り、寝起きできるなんて羨ましい~限り。
崖地は擁壁などのリスクはあるものの、この眺望は何ものにも代えがたいものです。

予想以上の眺めです~_a0394451_12363325.jpg


帰りがけ、K大学会議室でS.Uの定例会があり、久しぶりに出席させてもらってきました。
日本各地での街づくりの仕掛けの話など、ふだん関われない仕事の話は、とても興味深く、よい刺激になります。


結局、ふじみ野駅に帰り着いたのは10時過ぎ。
夕飯の準備をして出かけなかったので駅前のスーパーで割引になった寿司を買って帰宅しました。
食事をしながら夕刊をみていたら、石田純一が東尾理子と婚約したというニュース、、、。
年の差22歳だと~、、、。

石田純一は好きな俳優ではありませんが、同世代のバツイチオヤジに希望と勇気を?与えてもらいました、、、ナンチャッテ~ネ~!
by hosoya_isao | 2009-09-30 21:51 | Comments(0)

なつかしいね~城中時代

なつかしいね~城中時代_a0394451_12363331.jpg


日曜日には腰の具合を悪くしてしまい、中学校の同窓会案内の案内の住所書きが出来ませんでした。

そこできょう午後の一時、時間をいただき級友全員の宛名書きをしました。

ボクの出身は上板橋にある私立 城北中学校。

特別、親が教育熱心だったというわけではなく、父親が城北の教員をしていたから行くことになっただけのよう、、、。
兄達3人もみんな普通に城北中学へ入学していったので、ボクにとってはごく普通の流れでした。
あとでわかったのですが、教職員の子供の授業料などは、かなり優遇されていたようで、毎年、学年初めに受け取る生徒手帳のなかにある月ごとの月謝の支払い表は、4月の段階で1年分12ヶ月分のハンコが押されていました。
インチキしているみたいで友達に見られるのがはずかしかったな~、、、。

一クラス45名で2クラスの1学年男子ばかりの90人。

東上線に乗って埼玉入間郡の田舎かから通うボクは、都内出身の級友たちには負けられないという気持と、同じ学校にいる父には恥をかかせたくないという気持で、そこそこ頑張っていたようにおもいます。
こんなことがありました。
毎学期ごとに学年順位が発表されるのですが、ぼくはいつも3~4番。
どうしても抜けない優秀な友達数人がいました。
そのころからボクは犬が大好きで、父親に犬を飼いたいと申し出ると、1番になったら飼ってもよいとのこと。
中2のボクは必死で、隣部屋の兄の大学受験勉強と同じくらいのエネルギーを費やしてがんばりました。
その結果、1番になることができ、犬を飼うことが出来たのです。
昔からエサに釣られるタイプ(笑)。
これって前にも書いたっけ、、、。
もちろん犬を飼えることは嬉しかったのですが、田舎者のボクでも頑張ったら1番を取れたということが最高にうれしかった~、、、。
いまでも懐かしい思い出です。

そんな時代の級友の名前を1人ひとり葉書に書いていると、その友達をはっきりと思い出せれるのが不思議。
苗字を書けば自然に名前が出てきます。
そのうえ、どこに住んでいたか、家は何の職業だったかまで覚えているのです。
中学生時代ってそういう時代なのでしょうか。

毎年11月第2土曜日がボクたち学年の定例の同窓会。
今年も中学生時代の級友に会えるのがとても楽しみです。
by hosoya_isao | 2009-09-29 19:01 | Comments(0)

10年前設計のTMPへ

10年前設計のTMPへ_a0394451_12363385.jpg


きょうから新しい1週間がはじまります。
昨夜も早めに寝て、ゆっくり休んだので腰のほうの痛みは少し改善したものの、まだ背中がまっすぐ伸びません。

きょうは午前中、10年前に設計したTMPという事務所併用住宅へ行かなければなりません。
鉄骨3階建ての建物なのですが、エレベーターに不具合が発生し、メインテナンス業者と待ち合わせて、その状況の確認と今後の対応の打ち合わせ。

クルマの運転はなんとか出来るのですが、高所での現場確認となるとちょっと心配、、、。
ということでY君にも一緒に行ってもらいことになりました。

その不具合というのはエレベーターシャフト内の盤が湿気で腐食したとのこと。
まずはY君に屋上に上って見てもらったら、ドレインがゴミで詰まっていたとのこと、さっそく掃除をしてきました。
他にも漏水の原因があるかもしれないので、今度は大雨の最中、もしくは直後にエレベーターメンテナンス会社に立ち会ってもらい、シャフト内の点検をすることにし、帰ってきました。

建築設計は工事期間、集中的に現場に通うことになります。
きょうも、その現場への行き帰りの道を久しぶりに走りながら街の景色をみていると、そのころに自分を思い出してしまいました。

どちらかというと、プライベートでの大変だった思い出、、、。

あれからもう、いややっと10年、たくさんの周りの人たちに支えていただき、なんとか目標を見失わずにやってこられました。

改めて感謝の気持でいっぱいです、、、。
by hosoya_isao | 2009-09-28 19:19 | Comments(0)

ソバの花がきれいだったけど~_a0394451_12363366.jpg


23日の無様な走りを反省し、これからちゃんとトレーニングをしておかなくてはと、きょうは午前中、1時間ほどのジョギングをしてきました。

途中のソバの畑は白い花がまっさかり。
先日芽を出したと思ったらもうすぐ収穫、ソバという植物の成長の速さには驚かされます。
こんな光景の中を走れるなんて幸せ~、、、。

な~んて思いながら気持ちよく10キロ余りのジョグを終えてもどり、筋肉をしっかりほぐしておこうと、入念にストレッチをしたのですが、前屈を何度もやっていたら、またまた腰がいた~くなってしまいました。

走り終えたとき背中の筋肉がツルような状況はいままでもあったのですが時間とともに解消されていました。
今回のように走り終えてストレッチの最中に痛み出したのははじめて。

先月末のギックリ腰ほどではありませんが、腰というか背中が痛みでまっすぐ伸びません。

中腰でシャワーを浴び、中腰で昼食の準備もけっこう大変でした。

ということで、午後は庭の掃除や部屋の掃除などやらなければならないことがたくさんあったのですが、中止をせざるをえません。
仕方なく、ドアホンが鳴らないことを祈って(笑)ソファーでずっと横になって休んでいました。

原因はほぼ特定できています。
14年間にした脊髄腫瘍の手術の後遺症でしょう。ちょうどそのあたりの筋肉が痛むのです。

こうしばしば腰痛に悩ませられると、しっかり休養して、もう無理しないようにしたほうがいいのかな~などという弱気な気持になってきてしまいます。

まあ、走った後に腰痛なんて、かんがえてみれば贅沢な話ですが、、、。

まずはしっかり直して、こんどはちゃんと様子をみながら行きたいとおもいます。
by hosoya_isao | 2009-09-27 20:43 | Comments(0)

たまには一緒にランチ

きょうは彼岸の明け。
午前中、親戚が線香をあげにきてくれて、これでもう来客は一段落。

ということで、恒例の母の実家のお墓に墓参りにでかけました。

最近読んだ五木寛之の「人間の運命」という本で、親鸞のいう「宿業」について書かれていました。
宿業とはその人間をとりまく過去の状況と行動のことで、人の運命を決定づける根本のひとつなのだそうです。
人はこの世に生まれるにあたり親を選べない、家柄を選べない、環境を選べないということ。
こればかりはどうしようもないこと。
育ててくれた親、そして兄弟からの影響を受けざるをえないということなのです。

そんな本を読んでいたら、父親の生い立ち、母親の生い立ちをもっともっと知りたくなってしまいました。
それぞれの生い立ちを、子として必然的に引き継いでいるのですから。

教員だった父は充実した幸せな人生だったのだろうか、、、そしてボクは晩年の母には苦労ばかりかけてしまったのですが、果たして母は幸せな一生を送れたのだろうかと、、、。

きっとそのようなことを思い返し、改めて今ここに自分があることに感謝するのが、彼岸やお盆という行事なのかもしれません。


墓参りを済ませ、出かけついでに久しぶりに次女Eと広尾で待ち合わせてランチをすることになりました。

きょうはEお勧めの、鳥居坂にある国際文化会館のレストランSAKURAへ。

この建物は建築関係の会合や、外国人の来日の際によく使われるのですが、久しぶりです。
前川國男、坂倉準三、吉村順三の共同設計による1955年竣工の日本的な味のある建物。
2年前に全面改修がなされとてもきれいになりました。

日本庭園に面したレストランでは、ランチコースをとても美味しくいただきました。

食事を済ませ、澄み渡る秋空のもと、庭を散策したりしたら、なんか軽井沢あたりにいるような気分。

とても平和な、よい1日でした。

たまには一緒にランチ_a0394451_12363318.jpg

by hosoya_isao | 2009-09-26 17:56 | Comments(0)

これでいいの?建築確認申請_a0394451_12363236.jpg


きょう届いた日経アーキテクチャーの表紙に「建築確認に負けない住宅設計」という記事が大きくかかれていました。

このところ、住宅の建築確認申請を提出し、その審査機関であるT区役所の担当者からの設計に対しての指導をいただいたのですが、設計者としては納得はいかない項目があり議論を交わしているところです。

現在進行中の話なのでいまはあまり具体的なことは書けませんが、追って報告させてもらいたいとおもいます。

我が事務所のように、都市における狭い敷地での小規模な住宅は鉄骨造か鉄筋コンクリート造の3階建てになりがちです。
その時点で4号建築(木造で500㎡以内)からはずれてしまい、ルート1の確認審査となります。

設計者としては、最大限の工夫をし、クライアントの夢をかなえるために、設計を進めていくのですが、時々、法の解釈の違いによって、指導という名目で強制的に設計変更を要求されたり、中止を余儀なくされることがあるのです。

他の審査機関や行政では問題なかった旨を話しても、当然かもしれませんが聞き入れてはもらえません。
こちらが食い下がると、「こういう建物は民間の審査機関へ持っていったほうがいいんじゃないんですか、、、。」と暗に民間は甘いからそっちお勧めしますと言っているよう、、、。

同じ確認審査機関であるのに、区役所が民間確認審査機関の方が通りやすいのでそちらを勧めるとはどうなってんの~っていう感じ。
だれも好き好んで区役所に提出しいるわけではなく、ただ審査手数料が民間の10分の1くらいですむという事(なぜかRC造S造は審査料がとっても高いのです)。
もうちょっと言えば、区役所はそこに住む区民のために、区民の立場に立って仕事をしてくれるだろうというささやかな期待があったからです。

でもT区役所の現実は違います。

書き出すとどんどん書きたくなってしまうので、この件にかんしては今日はここで止めます。


日経アーキテクチャーを読みながら、やっぱり、みなさんいろいろ苦労されているんだな~とおもいました。
こちらは特に構造審査に関しての納得いかない話のよう。

記事のなかで知人の建築家 田井幹夫さんが、一昨年の法改正以来、混構造の建物は不可能に近くなったと嘆いていました。
混構造が審査の規定にないというのがその理由。
それじゃ~かつて混構造の住宅で学会賞までとった建築家 宮脇壇の一連の住宅はいまはもう建てられないということ、、、?。
3年前にボクが設計したM HOUSEも今はもう建てることが出来ないということなのです。

なんかこれっておかしくないですか~。

この怒り、この不満はどこへぶつけたらよいのでしょうか~!
by hosoya_isao | 2009-09-25 22:05 | Comments(0)

きのうは午後4時半に帰って、汚れ物を洗濯をしながらシャワーを浴び、チャチャっとパスタを茹でて早~い夕食。
食事をしながら缶ビールを2缶のんだら、かなり酔ってしまい、もう起きていられない~、、、。
ということでなんと7時就寝。

今朝目覚めたのが5時半、ということは10時間以上熟睡したということになります。

おかげで?目覚めは快調。
ほとんど筋肉痛もなく、あさのストレッチができました。

年齢をかさねると、筋肉痛が2日目以降にやってくると言われているようですが、先日のNHKテレビの番組で実験をした結果、それはまったく根拠のないことであることを実証していました。

ただ、筋肉は日常使っていないと衰え、、筋肉痛の回復に時間がかかるのですが、日常的に使っていれば回復力も早いということのよう。
ということで年齢には関係ないのです。
むしろ体力は年齢とともに劣っていくのですか、筋肉は年齢には関係なくつけることができるようです。
日々の筋トレ、運動がだいじっていうこと~?!


きょうは近くの郵便局へ往復はがきを買いにいってきました。
毎年11月に開かれる中学校の同窓会の幹事を、今年は仰せつかっているのでその案内状を作成しなければなりません。

カワイイ切手は高いんだ~?!_a0394451_12363274.jpg


葉書を購入する窓口でカワイイ犬とネコの記念切手を発見。
ボクはできるだけ記念切手を購入して、手紙や葉書に使用しています。
文字が下手な分、その埋め合わせのつもりで、、、(笑)。

ところがこの切手、値段をみたら、50+5円と書いてあります。
どうやら動物愛護週間にあわせて、その寄付金付とのこと。
仕事で使用する葉書にプラス5円はあまり意味がない感じなのであきらめました。
こんどプライベートの郵便に使ってみたいとおもいます。

これだったら、どこかの企業がスポンサーになって5円を負担し会社のPR切手を発行し、45円切手っていうのもあってもいいんじゃないでしょうかね~、、、日本郵政会社さん。
by hosoya_isao | 2009-09-24 20:29 | Comments(0)

きょうは暑くて、かなりチカレタビ~_a0394451_12363293.jpg


きょうは暑くて、かなりチカレタビ~_a0394451_12363219.jpg


この写真、ワイハ~ではありません。
きょうは南房総市ロードレース千倉という大会のハーフマラソンに出場してきました。

久しぶりのレースなので興奮していたのか、今朝は3時半起床、4時半にはもう自宅を出発です。
首都高で日の出を拝み、湾岸線、京葉道路、舘山道で千倉を目指しました。
早朝ということで渋滞も無し、気持の良い朝焼けを見ながらのドライブなんて久しぶり。

舘山からは一般道、路肩のパームツリーが南国っぽ~い感じ。
7時前には会場の千倉港に到着です。
駐車場は会場近くの防波堤のようなところ、埼玉県人にとっては久しぶりの潮風が気持がいい~。

8時から受付、10時半スタートまでの間は漁港の岸壁を軽くジョグしたり、散歩したりと飽きません。

ところがレースの結果は不本意なものでした。
1時間59分、これは昨年末、風邪の病み上がりで臨んだ小川での1時間58分にも劣る成績。
やはり先月末に腰を痛めそれから2週間はほとんど練習できず、やっと先週末に20キロを試走したくらいでは、明らかに練習不足です。
前半はキロ5分で快調に走れたのですが、後半暑さが堪え、腰もおも~くなってきてしまい、最後はキロ6分ペースになってしまいました。
こりゃ~通常のジョギングペース。
ということで残り5~6キロは完走をめざしました。
まだ腰も完璧には治っていなかったようなので、リハビリを兼ねたレースというところだたのかもしれません、、、。
おかげで?ゆっくりペースだったので、後半の海岸沿いを走る道からの美しい景色を楽しむことができました。
カラダはもう疲れきってしまっていたのですが、海の景色と気持の良い潮風は萎えがちな気持を元気にしてくれます。

ということで、今回は残念な結果でしたが、気持の良いコースの大会を知ることができて満足しています。
スポーツも人生も残念な結果があるからこそ次が頑張れる!!!ナンテネ~
ぜひ次も参加しようとおもいます。来年は千葉国体がありこの大会は中止、次回は再来年だそうです。

今年のレースは11月SH大会、12月には小川があります。
腰の様子をみながら、ちゃんと練習を重ねて臨まなくてはいけませんね~。
ガンバリマス!

連休最終日ということもあり、高速道路の渋滞が心配だったので、早々に荷物をまとめて出発。
舘山道と京葉道路で小さな渋滞があったものの、片道200キロを順調に気持ちよく飛ばして帰ってこれました。

帰り道の湾岸線、久しぶりに聞いたチャイ ライツのHAVE YOU SEEN HERがなぜか心に染み入りました、、、。

きょうは暑くて、かなりチカレタビ~_a0394451_12363282.jpg

by hosoya_isao | 2009-09-23 17:19 | Comments(0)

今朝はいつもの時間に起床。

きょうは親戚にお線香をあげに行かなければなりません。

通常は親戚7軒回るのですが、秋のお彼岸はお盆から1ヶ月しかたっていないということで、そのうちの4軒はお互いに取りやめることになり、今回は3軒となりました。
一人暮らしで留守番がいないボクにとってはありがたい取り計らいです。

ということで9時半には家を出て親戚まわり。11時前に終わったので、久しぶりに入間のアウトレットパークに行ってきました。

ボクは4日以上の連休のときは必ず1冊本を読むことと、新しい服を買うと決めています。
基本的に家を留守にできず、連休には泊りでは出かけられないので、その時間つぶしと、どこかにでかけた~いという欲求不満解消のためです。(笑)

きょうのアウトレットパークも相変わらず込み合っていました。
さっそく行きつけの店をチェックし、気に入ったジャケットを3分の1の値段で買ってきたのですが、袖の長さがちょっと長すぎて、近くの直しやさんに持って言ったら3,650円もかかってしまい、お買い得感もビミョ~といったところでした。

そして本。
「人間の運命」という五木寛之の本です。
この本は日曜日に買い物に行ったときに、スーパーの上の本屋さんで買ってきてありました。
もともと小説は読まない主義のボクですが、五木寛之のこの手の本はけっこう好きなのです。

お彼岸に運命についての本_a0394451_12363251.jpg

by hosoya_isao | 2009-09-22 18:48 | Comments(0)

チタンパワーを拝借

今朝は少々朝寝坊をし、テレビをつけると、TBSで「旅RUN]という番組をやっていました。

モデルの相沢紗世が日本の観光地にいってジョギングしながら名所を訪ねるという番組。
もともと相沢紗世は好きなタイプのモデルというのもありましたが(そんなことどうでもいいってか~)、内容が面白そうだったので、おもわず見入ってしまいました。

まずは北海道の美瑛をもとマラソンランナーの谷川真理と走ります。
広大な平原の中を走るのはなんとも気持がよさそう~、、、。

次は京都の街を相沢紗世ひとりで、走ってお寺や人気の店を訪ねる旅。
たしかに京都はこじんまりしている街なので、ジョギングだ回るのには向いていそう、、、。

そして最後は九州鹿児島にある霧島のふもとにある「天空の庭」というリゾート施設の中をジョギングしてあるくという贅沢な旅。
なにが贅沢かって、「天空の庭」は1泊20万円とか、、、、。
ジョギングのために行くにはちょっと贅沢すぎます。

ぼくは時々あえて遠くの街に出かけたくて、わざわざ遠方の大会に出場するようにしています。
もちろんレース中は一生懸命走っているのでその町の景色を楽しんではいられませんが、走り終わってからは、その街の有名建築を見学したり、街を散策したりするのが大好きです。
きょうのテレビ番組のように、出かけた街で、ジョギングをしながら、自分のペースで街を観て回るなんて、なかなかいいな~とおもいました。
こんどジョギングセットを持参して、出かけた先で走ってみようとおもいます。


きょうは夕方5キロジョグをしてきましたが、まだあの腰が完璧ではありません。

なにか改善の方法はないかと考えていたら以前、姉がファイテンは腰や肩こりに良いと言っていたのをおもいだしました。

そこで近くのスーパーにファイテン ショップがあったのを思い出し、首輪?を買いに行くことに、、、。

チタンパワーを拝借_a0394451_12363272.jpg


ファイテンの製品はチタンをナノレベルで水中に分散させたアクアチタンがはいっているとのこと。
売り場に行くと、係りの人が2リットルのペットボトルをもってきてボクに実験してくださいといいます。
まず、普通に片手でペットボトルの入って袋を持ち上げ、次にファイテンの首輪を手に持って持ち上げるというもの。
すると不思議、ファイテンの首輪を手に持って持ち上げたほうが軽く持ち上げられる気がしました。
もしかしたら気のせいなのかもしれませんが、気のせいでも自分に暗示の効果があればそれはそれでよいと思います。
そういえば以前こんなことを聞いたことがあります。
フライトアテンダントのなかで、ファイテンのストッキングが隠れた人気になっているということ。
アクアチタンを含浸したストッキングは長時間たち仕事をしていても絶対足がむくまないのだそうです。

そこでぼくはRAKUWA NECK X50を購入してきました。2,940円。
これで気持が元気になるのでしたら安いものです。

もともとネックレスとかブレスレットとか指輪とかという貴金属にはまったく興味のないボクなので、首輪は少々恥ずかしい、、、。ということでもっとも目立たない黒を選んでみました。
ついでにこっているところに貼るチタンバンも一袋買ってきて、腰に貼っています。

さあ~、この効果はどんなもんでしょうか~ね~?。
by hosoya_isao | 2009-09-21 21:41 | Comments(0)