<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

きょうは蘇州、平江路から十全街_a0394451_12365310.jpg


せっかく上海へ来たのだからと隣町、蘇州のR宅にお邪魔し、きょう1日はフリータイムの日となりました。
春に来たときに、主だった観光スポットは行ってしまったので、きょうはわりと観光客の少ないポイントに連れて行ってもらいました。

まずは平江路。
ここも水の都蘇州らしい、水路に沿った道の両側に黒い瓦と白壁の民家が並んでいます。
いまは保存地区になっているようで、その中にはオシャレな店舗などもちらほら。
日本でいえば倉敷のような感じとでもいうのでしょうか、、、。
そんな建物のなかの隠れ家的なレストランでおいしい創作料理をいただいてきました。

きょうは蘇州、平江路から十全街_a0394451_12365392.jpg


それから新区に昨年オープンしたケンピンスキーホテルへ。
このホテルは友人JIMが所属していた光井アーキテクツの設計ときいていたので、ぜひ見ておこうとおもったのです。

行ってみると、その巨大さにビックリ!
アプローチからして2キロもあるのです。
ロケーションは湖のほとりと、最高なのですが、市街地からは遠く離れているため、お客らしいひとけがまったくありません。
果たして経営的に成り立っているのか、ちょっと心配です、、、。

大きな湖を一望できる巨大なラウンジで、ゆったりとしたソファーに掛けてお茶をしていると、気持も大きくなってしまうのか、いつのまにか各自が大きな夢(妄想)を語りあっていました。(笑)

帰り掛けに十全街というこじんまりとした商業スポットへ。
ここは水路に沿った並木道にセンスのよい商店が並んでいます。

きょうは蘇州、平江路から十全街_a0394451_12365335.jpg


帰りに近くのスーパーで中国のおいしいバラ売りチョコレートをたくさん買ってきました。
明日の授業を休む、ボクのグループの学生へのお詫びのしるしにね、、、。
by hosoya_isao | 2009-11-30 16:40 | Comments(0)

あ~疲れた~

今朝は5時起床。

ランニングウエアに着替え、そのほかの荷物はまとめてホテルのフロントに預けておくことにしました。
昨日受け取ったゼッケンをTシャツにつけたものの、なんか背中の調子がいまいちな感じ、、、。

6時にはホテルを出てタクシーでスタート地点の南京東路にある世紀広場へ。
まだ暗く、人影もまばらな市内なのに、スタート地点が近づくにつれてとどんどん人が多くなってきます。
そんな人ごみの中をタクシーはご丁寧にスタート地点まで乗せていってくれました。
おそらく日本であれば何時間も前から交通規制がひかれて、スタート地点あたりまではクルマが入れなくなっているのでしょうが、そのあたりが中国のおおらかなところ。
上海マラソンはフル、ハーフ、そして健康マラソンという5キロの競技があり、今年は25,000人の参加者と聞きました。

そのスタート地点は5年前に来たときに宿泊した大宝和大酒店のまん前。
そこで、かってしったるそのホテルのロビーを控えスペースにお借りしてスタート時間を待ちました。

今回は、蘇州在住の長女Rの連れ合いU君も一緒にエントリーしています。
U君とは昨年春のスイカマラソン10キロを始めて一緒に走ったのですが、残念ながらボクの敗北。
そして今回のハーフはU君にとってははじめてのハーフということで気合いが入っています。

スタートまでの時間、付近の街中を軽くジョギングしてくることに。
走り出してしばらくすると、やはり背中から腰に違和感があります。
こりゃ~ヤバイかも~、、、ちょっと不安になりました。
といっても、この場に来て「リタイヤー」とはとても言い出せません。
なんとか腰と背中のトラブルが出ないことを祈ってスタートゾーンへ向かいました。

スタートスペースは人人人でイッパイ。しかもワイワイ、ガヤガヤおしくら饅頭状態。
ひとつ間違えると将棋倒しの危険も、、、順番に並ぶという習慣の薄い中国らしい光景です。

あ~疲れた~_a0394451_12365358.jpg


定刻7時半にスタート。
上海の繁華街、南京西路から延安西路へ。
そのあたりが5キロ地点。
やはり背中から腰の状態がよくないので、今回は完走目指して、通常のジョギングペースで行くことにしました。
カラダを気遣いながらの走りでしたが、沿道の切れることのない「加油!加油!ジャーヨー、ジャーヨー」(頑張れ!頑張れ!)の声援にはとても元気付けられました。

コースはずーっと平坦で走りやすく、次々と展開していく見慣れない街並みの景色は飽きません。
寒くてカラダが冷え、途中、小用を足したのですが、仮設トイレに並ぶはめに。
ちょっとトイレが少なかったかな~、、。

そしてなんとかゴールの聞行体育公園へたどり着けました。
成績は2時間20分と最悪の結果でしたが、なによりも不調の中、完走できたのでよしとします。

U君は1時間50分だったとのこと。
来年は体調を整えて再度挑戦したいとおもっています。
ちなみに、ぼくのベストタイム、今年春の黒部での1時間48分なのでいまのところは破られていません。って負け惜しみ、、、。

走り終わってから、参加賞を受け取り、記録証を受け取り、ICチップを返却するのですが、そこがまたまた大混雑。
日本だったら、そのあたりは参加者がスムースに流れるように配慮されているのですが、、、。

なにはともあれ、親子で上海マラソンに参加でき、娘達に応援されながら走れるなんてとても幸せでした。


会場からやっとタクシーをひろってホテルへもどり荷物をピックアップし上海駅へ。
今夜と明日は蘇州のR宅に宿泊です。
事前にチケットを取っておいてくれた新幹線で蘇州へ移動。
前回は日本の新幹線車両でしたが、今回は西ドイツ製の車両。椅子が西洋人サイズでクッションも固くあまり良い印象がありませんでした。

40分あまりで蘇州駅に到着。
今年の春以来の蘇州駅。新駅舎の工事も着々とすすみ、来年には完成するそうです。

あ~疲れた~_a0394451_12365371.jpg


Rの家には夕方到着。
そして夜は、近くに住む3女M、そしてRo君も加わって中国家庭料理、火鍋をご馳走になりました。いまがシーズンの上海蟹もおいしかった~、、、。
そのうえ、いきなりバースデーケーキが登場し先月のボクの誕生日を祝ってもらえてサイコー。

疲れたカラダに酒は効くようで、早々酔いがまわり、いい気分になって就寝です。
by hosoya_isao | 2009-11-29 19:58 | Comments(0)

上海体育館で選手受付

上海体育館で選手受付_a0394451_12365299.jpg


昨夜、遅い飛行機で上海へやってきました。
今回の目的は上海マラソンのハーフを走ること。

上海浦東空港に着くと蘇州在住の3女Mが迎えに来てくれていていました。
中国語がまったくしゃべれないボクにとっては心強い味方です。
昨夜は、市内のホテルに宿泊。

今朝は早めに朝食を済ませ、今朝上海にやってきた蘇州在住の長女夫婦と合流し、早速、タクシーにのり選手受付の行われている上海体育競技場へ。

ここは市の中心部にある大きな体育館も備える、大きな体育施設です。
日本で言えば国立競技場と東京都体育館みたいな感じ。
ここで昨日と今日の午前中のみ選手の受付が行われていました。
日本人専用のカウンターへ行き、書類引き換えにゼッケン、Tシャツなどを受け取ってきました。
係りの方に聞くと日本からのエントリーは180人ほどだそうです。
タイムテーブルによると、スタートは7時半とのこと、こりゃ早いすっ!。

選手受付を済ませてから、安物市場でみんなでワイワイ、楽しいショッピング。
そしてEが推薦の安くておいしい広東料理のお店にいって、明日のレースのスタミナ源にとおなかイッパイ美味しい料理をいただきました。

ボクは上海は今年の春以来、3回目。
はじめて来たときにみた上海雑技団が印象的だったことをはなしたら、今回もまた連れて行ってもらえることになりました。
すべてやってもらえるので、ボクは子供のように後について歩いていくだけ、、、。(笑)

前回は5年前、それと比べると、多少出し物も変わっていて、なかなか見甲斐がありました。
やっぱり、上海へ来たら、絶対「雑技団」ですね。

明日の朝は5時起きなので、早々にホテルにもどり今夜は早寝です。
by hosoya_isao | 2009-11-28 23:08 | Comments(0)

軽量化

きのうの朝日新聞に航空会社による軽量化の記事がでていました。

まさに飛行機を軽量化して燃費を節約するという話。
これは飛行機本体ではなく、積み込む荷物の軽量化、そして乗る乗務員、乗客の軽量化ということなのです。

先日飛行機に乗った友人から機内サービスのワインがガラスボトルからペットボトルになったことを聞きました。
最近では、機内誌も薄くしたり、積み込む新聞も乗客人数に合わせて積み込んでいるそうです。
食器もいまはほとんどがプラスッチック化されています。
もちろん、乗務員達もいままでは2リットルの水を持ち歩いていたそうですが最近は500ミリリットルにしたり、フライトアテンダントは化粧品はビン入りからプラスチック容器に入れ替えてもちあるいているとか、、、。

笑えるのは、某航空会社は、搭乗前にお客様にトイレにいって用を足してきてくれるようにお願いしているとの事。
そこまで燃料節約を考えていたとは驚きでした。
たしかに200人~300人のオシッコ、そして大きいほうを合わせた重量はかなりの重さになるかもね、、、。

でもそこまで軽量化にこだわるのであれば、持ち込む荷物の重さやその人の体重にによって運賃を優遇するシステムはできても良いようにおもえるのですが、、、。

荷物をたくさん持っていく人は機内持込荷物もあわせると、1人分の体重になるくらいになる人も見かけます。そのうえその人が太っていて100キロ近くあったとしたら、3人分の重さとなるのです。

これが軽装で体重50キロの人と同じ航空運賃というのはいかがなものでしょ~、、、、。
せめて荷物も体重もあわせて軽量のひとは優遇する航空運賃体型?じゃ~なくって体系をつくってくれたら、乗客から軽量化にたいして大きな協力を得られる気がするのですが~、、、、。

そのうえ、全体的には最近皆さんがお好きなようなエコにもなるし、みなさんのダイエットのよいきっかけにもなるし~、、、ナンテ~飛行機だけに雲をつかむようなはなし、、、。


11月のラジオ英語講座はきょうで終わり。
きのう来週からはじまる12月の新しいテキストを買ってきておききました。

軽量化_a0394451_12365247.jpg

by hosoya_isao | 2009-11-27 09:29 | Comments(0)

やっと黄葉と紅葉

やっと黄葉と紅葉_a0394451_12365222.jpg


今朝、我が家の庭に出てみると、イチョウが黄色く色づきはじめていました。

庭の真ん中にある直径50センチほどあるイチョウの木の葉が黄色く色づいてくると、いままで木の葉でうす暗かった各室は、黄色い葉が光を反射することによって、パーッと明るくなってくるのです。

そしてあと1週間もするとその葉も落ちて、部屋の奥のほうまで冬の日差しが入ってきます。
もうすぐ師走なんですね~。今年も残すところあと1ヶ月。

今朝はぬる~い感じのする気温の中を軽くジョギングしてきました。
今週は週末の大会に向けて、きょうで走り納めとなります。


きょうは、9月から見積もり、そして金額調整を進めていた住宅の最終的な交渉の末、金額が確定し工事請負契約へ進んでいけることになりました。
規模が小さい住宅の金額調整は、クライアントの理解はもちろんのこと、設計者の細かい心遣いは欠かせません。
これにかかるエネルギーは規模に反比例するといっても過言ではないでしょう。

仕様変更を重ね、施工業者と交渉の上、やっと工事請負金額が決まり着工に向けて一歩前進したことは、本当に喜ばしくおもいます。

これから工事請負契約、そして確認申請手続きとなります。

この先の確認申請も多少の紆余曲折もあるかもしれませんがそれはいつものこと、着工に向けて頑張っていきたいとおもいます。
by hosoya_isao | 2009-11-26 11:34 | Comments(0)

頑張れ、仕分け人

きょうは午前中は曇った天気だったのですが、午後からは快晴になり暖かく気持の良い日でした。
午前中は大崎で定例打ち合わせがあったので、朝一で自転車にのって駅まで行くと汗ばんでしまうくらいでした。

現場は躯体工事が完了し、設備配管そして造作工事に入っています。
4戸ある賃貸部分はすべて、オーナー住居もほとんどの内装がコンクリート打放しなので、設備配管を終え、床が仕上がるとほとんど仕上がってしまうという建物です。

工期は1月末日。年内には足場がバレルことになっています。

頑張れ、仕分け人_a0394451_12365215.jpg


話は変わりますが、昨日から事業仕分けの第2ラウンドがはじまりました。
基本的には、仕分け人と各省庁や各種団体とが、公開の場でこのようなやり取りをすることはとてもよいことであるとおもいます。

昨日の事業仕分けで話題になっていたJICAの無駄使いには、やっぱりね~という感想でした。
知人で以前JICAのシニアボランティアをしていた人がいるのですが、その人はアジア低開発国へ都市計画の支援に行っていました。
貧しい国へ、人的支援のために行っているにもかかわらず、JICAスタッフの現地での生活ぶりはかなり豪華なものだったと聞きました。
外務省の駐在員と同等とか、、、。

当然、しっかりとした志をもってJICAの活動に協力をされている方もいるとおもうのですが、JICA本体の体質、あの豪華すぎる本部の建物(家賃が坪4万円とか)、飛行機はビジネスクラス以上を使用するというのを聞いてしまうと、JICAの掲げる、国際協力がウソっぽく聞こえてきてしまいます。
今回の事業仕分けで指摘されなかったら、このムダ使い状態が永遠に続いていたとおもうと恐ろしくなります。

まずは出来る限りたくさんの項目を洗いなおしてみて、どうしても必要だったらあらためて復活させればよいのではないでしょうか。
いままでやったことがないことをするのには多少の摩擦は仕方ないことだと思うのですが、、、。

仕分け人さん、頑張ってくださ~い!
by hosoya_isao | 2009-11-25 21:58 | Comments(0)

有意義な特別講義

きょうは大学へ行く途中、暮れのご挨拶の買い物にMデパートへ立ち寄っていきました。
もう1週間後は12月です。

ついでに、おせち料理の予約コーナーものぞいたのですが、今年はなぜか毎年利用させてもらっているデパートオリジナルのものがなくなってしまっています。
値段も内容も、そして重箱のない詰め替えセットというのが気に入っていたのですが、、、。
それに変わるものとなると紀文か浜藤か、、、まだ時間があるので、もうしばらく考えます。


12時半からはきょうから始まる第三課題の打ち合せ。
Sさん出題の、例のバツイチが何人かいる大家族の大きな家という課題です。
敷地はまた大きくなり1,695㎡(513.7坪)という広大な広さ。
この課題、けっこう手ごわい感じです。

課題説明の前に、きょうはHiさんとNさんの特別講義がありました。

有意義な特別講義_a0394451_12365145.jpg


Hiさんはご自分の設計の進め方を丁寧お話いただきました。
そして、ご自身の住宅作品からチームで設計にたずさわった大規模な建物まで、基本設計から現場、そして完成写真を写しながら建物を紹介してもらいました。
なかなか大きな規模の建築を設計する機会のないボクにとっては新鮮なお話でした。

有意義な特別講義_a0394451_12365191.jpg


つづいて、Nさんの特別講義。
Nさんは古代住居から縄文、弥生、そして民家からお城、茶室、数奇屋という長いスパンでの住宅の講義。
コネタが各所に仕込まれていて飽きさせません。
学生時代に学んだ日本建築史など、とうに忘れてしまったボクにとっては、とても興味深く、また楽しく拝聴させていただきました。

これらの特別講義は学生に対して、各先生方の自己紹介を兼ねたレクチャーなのですが、ボクにとってもいろいろなことを吸収できた大変有意義なレクチャーでした。

課題説明が終了してからは各グループにわかれて学生と打ち合せ。
きょうからまた新しいグループです。
まずはボクの自己紹介からスタート。

来年1月12日の課題提出まで、一緒に頑張って、そして楽しんでいきましょう、、、。
by hosoya_isao | 2009-11-24 20:12 | Comments(0)

きょうは勤労感謝の日でお休み。

勤労感謝の日って、働いている人に感謝する日なのか、それとも働けることに感謝する日なのか、、、よくわからなかったので辞書で調べてみました。
するとこう、、、「勤労を尊び生産を祝い、国民互いに感謝しあう日」なのだそうです。
もともとは新嘗祭(にいなめさい)という、天皇がその年の新穀を初めて天地の神々にささげ、ご自身も召し上がる宮中の儀式だったそうです。
まあ平たく言えば収穫祭っていうことのよう、、、。

それぞれが普段の仕事の労をねぎらう日なのですね。
んじゃ~なにか自分へのささやかなご褒美でも~ということで、久しぶりにアウトレットパーク入間へ買い物にいってきました。
早めに出て10時には着いたのですが、この連休から10日間はバーゲンセール中とあってかなり混みあっていました。
混雑の中での買い物はあまり好きではないので、サッサと済ませ帰ってきました。

途中、狭山の田園地帯を抜けていくのですが、そこですごくきれいな短冊形の地割をナビで発見。
見た目はただの畑と山林なのですが、およそ20メートルごとに道がありずーっと奥の山林まで数百メートル続いています。
三芳町上富や所沢中富の柳沢吉保のおこなった三富新田開発もこの手法だったのですが、狭山の水野というあたりの新田開発も同時期のものなのでしょうか。
そしていまもこの地割で農業を営なまれているのです。三富とちょっと違うのは狭山茶の茶畑があるということでしょうか。

ナビでみつけた美しい地割り_a0394451_12365158.jpg


夕方、デッキに出しっぱなしにしてあったシンビジュームをホールにしまおうとして見たら、今年は6本ものつぼみが出ていてビックリ!
毎年3~4本といったところでした。
冬は家の中でも外みたいに冷えるホールで、そして春から秋まで外に出しっぱなしで、なんの手入れもしてあげていないに毎年暮れにはきれいな花を咲かせてくれます。
この寒さ暑さの厳しい条件がよいのでしょうか、、、。

人間もきっとそうかもよ~、、、ぬる~いホテルみたいな部屋で生活していたら軟弱になってきれいな花は咲かせられないのかもよ~、、、ナンテネ。

ナビでみつけた美しい地割り_a0394451_12365111.jpg

by hosoya_isao | 2009-11-23 16:40 | Comments(0)

下目黒のオープンハウスへ_a0394451_12365040.jpg


きょうは午後、スタジオアルテック設計による、下目黒に完成したコーポラティブハウスのオプンハウスにいってきました。
オープンハウスの情報は毎回Kさんからいただいているのですが、今回は我が事務所の設備設計の協力事務所、ZOさんのIさんからお知らせいただいたオープンハウスです。
さぞかし設備設計も凝ったものなのでしょうと、そちらも楽しみにお邪魔させていただきました。

現場は目黒不動の西側の旗竿状の変形敷地。

そこに長屋形式で地上3階、地下1階建て、12戸の住宅が建っていました。
基本的には縦4分割された縦割りのスペースに、それぞれの地下1階から地上3階までの4層とし、そこにいろいろなプランを駆使した3世帯が入っています。
こりゃ、設備設計も大変だったことでしょう、、、。

住みやすそうというプランから、こりゃ住むには厳しいそうというプランまで多様なプランが展開されていました。
すでにクライアントが決まっているコーポラティブハウスなので、クライアントさえ納得していればどのようなプランでもよいのはわかっていますが、、、。

このような狭い敷地、しかも変形敷地での集合住宅は長屋形式のプランでなければ効率的な設計は不可能なのですね。

久しぶりのアルテックのオープンハウスだったのですが、今回の建物はアルテックOBの方々の事務所も協力された建物のよう、、、。
昔からボクはアッルテックの住宅が大好きなのですが、どうりで今回の集合住宅はいつもとはちょっとテイストが違ったようです。



帰りがけ、久しぶりに広尾に住む次女Eの家へいって、夕食をごちそうになってきました。
春巻きにお刺身、納豆、アサリの味噌汁、、、忘れかけていた、いやいや忘れちまった家庭の味だ~。

おいしかった夕飯のお礼に、ケヤキ坂のイルミネーションを見に、プチドライブ。

もう街はクリスマスの雰囲気、満載でした。

下目黒のオープンハウスへ_a0394451_12365138.jpg

by hosoya_isao | 2009-11-22 20:43 | Comments(0)

小春日和

この季節、天気のよい週末の朝は、前の道路と庭の落ち葉の掃除からスタートです。

以前は落ち葉が落ちきるのをまって、一気に掃き掃除をしていたのですが、道路への落ち葉は近所の方々へ迷惑をかけているようなので、今年からは毎週末、道路から掃き掃除をすることにしました。

我が家の庭はケヤキの葉っぱはほとんど落ち、紅葉したカエデが見頃。
イチョウはまだまだ緑色の葉っぱをつけていて、落葉まではまだ10日間くらいはかかりそうです。

小春日和_a0394451_12364928.jpg


きょうも掃き掃除がストレッチがわり。
特大ビニール袋3つに落ち葉を詰め込んで一汗かいたところで、短パンTシャツに着替えジョグへいてきました。

きょうは天気は快晴、気温も温かめで小春日和。

三富の雑木林の傍らを抜けて、航空公園駅までゆっくりジョギングです。
その雑木林はまだ紅葉していません。今年は全体的に暖かいのでしょうか、、、。

小春日和_a0394451_12365098.jpg


航空公園駅前の交差点で一休みして帰ってくるのですが、そこにはスポーツクラブがあり、外からランニングマシンで走っている人の姿がみえます。

こんなに天気の良い日くらい、空調の効いた室内ではなく、外を走ってみてはいかがでしょうか~、、、ねえ~。


家にもどってみると、来月の小川和紙マラソンの参加通知証が届いていました。

まだ3週間前なのに、今年は郵送されてくるのが早い気がします。

12月はいろいろと慌しいので、ちゃんと早めにスケジュールに入れておきなさいということなのでしょうか、、、。

小春日和_a0394451_12365091.jpg

by hosoya_isao | 2009-11-21 17:50 | Comments(0)