<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一昨日のニュースで、妹島和世、西沢立衛も両氏が建築ノーベル賞ともいえる「プリツカー建築賞を受賞したとのこと。
この2人はSANAAというユニットで日本にとどまらず、世界各地ですすめている建築プロジェクトが評価されたとのことです。
その中で国内作品は、小笠原資料館、金沢21世紀美術館が特に評価されたとのこと。

今回は新旧の妹島作品を訪ねる旅に。_a0394451_12373443.jpg


なんとタイムリーなこと。
先週、下見でいってきました。

今回のスタジオ4主催、建築見学バスツアーはその小笠原資料館にもいくことになっています。
小笠原資料館は長野県飯田市の郊外にあります。
かつて当地の城主であった小笠原家の貴重な物品や文書などが展示してあり、隣には重要文化財にもなっている小笠原家書院が残されていて見学が出来るのです。

そのうえ今回のツアーでは、妹島さん設計のよる、先月オープンしたばかりの豊田市逢妻交流館にも見学に行くことになっています。
まだメディアでは発表されていない建物です。

今回は新旧の妹島作品を訪ねる旅に。_a0394451_12373424.jpg


どちらもちょっと不便なところにあるので、なかなか個人的に行くには行きにくい建物なので、このように同時に見られる機会はなかなかありませんよね、、、ナンテネ。
 
この我が事務所主催による建築見学旅行では一昨年秋には金沢21世紀美術館にも行ってきましたし、2年前には藤岡市鬼石多目的ホールにも見学に行ってきました。

その設計の年代的にみると、小笠原資料館、鬼石多目的ホール、金沢21世紀美術館、そして逢妻交流館と、設計者の考え方、デザインの変遷が読み取れるようで興味深いものがあります。

今回は他に、古谷誠章氏の茅野市民会館、谷口吉生氏の豊田市美術館にも見学に行きます。

何回も書いていますが、このバスツアーは我が事務所のボランティア活動の一環で企画しています。
ボランティアというのは無償奉仕活動なのだとすれば、このバスツアーは毎回赤字で運営しているので、正式にはボランティアではなく、我が事務所の企業メサナといえる活動なのかもしれません。

このバスツアーの趣旨は各地の名建築や街並みを訪ね、みんなで楽しく交流することです。
参加資格は建築が大好きな明るい学生と、そんな学生達と楽しく交流できる建築に興味がある(おもしろい)人、歓迎です。

申し込みはもう受け付けていますので、ご希望の方は早めにお願いいたします。
ちなみに出来るだけ建築学生の参加を多くするため、学生枠、社会人枠がありますのでご了承ください。
日程は5月15日(土)~16日(日)です。

見学コースが決まり、これからじっくり盛り上げる企画、練っていきます!
by hosoya_isao | 2010-03-31 18:23 | Comments(0)

昨日は今年2回目の社会福祉法人S会の理事会がありました。
正午に特養会議室に集合し、まず用意していただいた入所者の方と同じ昼食をいただきます。
昨日は牛肉の細切れと野菜のカレー味煮込みにマヨネーズの和え物、そしてイチゴとパイナップルのデザートです。カレー味の煮込みはけっこういけました。
こんど自分でつくってみましょうか、、、。

このように理事会でその施設の食事をいただくことは、施設の様子を把握する意味においてもとてもよいことだとおもいます。
出来れば体験宿泊っていうのもあっても良いのかもしれませんね。

おもな議題は22年度の事業計画案と予算の審議です。
その中でふだんの生活では考えもしないことが議題にあがります。
入所者の方のオムツを随時交換にするか、適時交換にするかという議題、そしてそのオムツを布にするか紙にするかという話もでました。
布は安価なのですが、付けているのがモコモコしてしまうので他の人にわかってしまうのが入所者にとっては不満のよう。
紙オムツは目立たず、装着も簡単で良いのですが値段が高い上、環境には良くないとのこと。
結局、入所されている方の状況にあわせて使い分けましょうということになりました。
たかがオムツなのでしょうが、されどオムツ、施設にとっても入所されている方にとても重要な問題なのです。
普段はまったく考えもしないことを考えさせられることは、とても意味のあることなのだとおもいました。

ボクももしかしたら、あと数十年後にはお世話になるかもしれないのですし、、、、でも、ボク的には、死ぬまでビ~ンビン突っ走っていきたいところですぅ~。(笑)

たかがオムツ、されどオムツ_a0394451_12373327.jpg


たかがオムツ、されどオムツ_a0394451_12373323.jpg


たかがオムツ、されどオムツ_a0394451_12373440.jpg


きょうは午前中、10年前に設計させていただいた東村山にあるTMPという建物のエレベーターに関するクレームの対応にエレベーター屋さんと行ってきました。

プロパンガスの販売店と2世帯住宅のくっついた鉄骨3階建ての建物です。

角地に建つ建物なので、コーナーの柱をなくすため、四角い平面に対してフレームはすべてひし形になっています。
構造の鉄骨が露出しているため、開口部の納まりなどには苦労しました。
3階の多目的室とテラスはとても気持の良いスペースです。

時々、自分の設計した建物を訪ねると、いろいろと反省点も見えてきて、勉強になることがしばしばあります。

ボクの設計は挑戦と反省の繰り返しのようです。
by hosoya_isao | 2010-03-30 13:58 | Comments(0)

昨日は「東京アパートメント」の帰りがけ、平和台での駒田建築設計事務所の「Scale」という2戸のアパートのオープンハウスにもおじゃましてきました。

敷地は密集した住宅地にある鉄骨2階建ての2戸それぞれがシンメトリーのアパートです。
2階建てなのですが、2階は空中に浮いた床が5段階のレベルにあり、最上部にはもう一層ロフトのフロアがあります。
それぞれの床は橋のようにかけられ、基本的にはすべての空間が一つの開放的な空間となっていました。
最高部分の天井高さは7メートル以上になるでしょうか。
空間としては隅々まで視線も抜けて気持の良いのですが、ここに住むとなるとさてどこに寝ることになるのでしょうか、、、ちょっと気になります。
それらの床が、天井になり、踊り場になり、階段になり、食卓にもなる発想はとてもユニークでした。

ということで昨日のオープンハウスは中身が濃く、たくさん刺激をもらい、おなかイッパイって言う感じで帰ってきました。

スキップフロアの集合住宅_a0394451_12373380.jpg


スキップフロアの集合住宅_a0394451_12373354.jpg


スキップフロアの集合住宅_a0394451_12373308.jpg



それにしても今朝は寒かったですね~。

6時にジョグに出たら、途中から雪が降ってきました。
3月ももう終わりというのに、、、真冬よりも寒く感じました。

ボクの朝はきょうから一足早く新年度バージョン、新しい朝のタイムスケジュールのはじまりです。

初日の朝は順調に運び、8時には仕事場へ行くことができました。

この調子、この調子、、、。
by hosoya_isao | 2010-03-29 19:13 | Comments(0)

すご~いアパートでした!_a0394451_12373290.jpg


きょうは藤本壮介さん設計の「東京アパートメント」のオープンハウスに行ってきました。

この建物のクライアントのUさんとはUさんのお嬢さんが、たまたま東洋大建築学科の卒業生Sさんの同級生ということで以前から存じ上げていました。
そのUさんとは4年前の我が事務所のI HOUSEのオープンハウスにもおいでいただき、その折、自宅兼アパートを藤本さんにお願いしているとのことでした。

その後、雑誌でその建物の意表をつかれるファサードの模型をみて驚かされました。
果たしてあの模型がどこまで実現されたのか、、、きょうは強い関心をもって出かけたのです。

クルマを環七沿いのデニーズに止め、環七から住宅街に入って行くと、公園越しにあの切妻屋根が重なった真っ白い外観が見えます。

建物の前に行くと、ちょうどクライアントのUさんがいらして、いろいろとお話をうかがうことが出来ました。
工期がそうとう延びてしまい、建て主さんとしてもご苦労されたそうです。

それにしても大胆な外観です。
構造柱の何本かが建物を貫通して見えているのをのぞけば、当初見た模型とほとんど変わらないでしょう。
4住戸のうち、一つがオーナー住戸、残りの3住戸が賃貸とのこと。

正面引き戸のアルミサッシ部分がオーナー住戸入口で1階と地下になっています。
そのほかの長屋形式の賃貸部分の3つの住戸は迷路のようなプランになっていて、文章ではとても説明不可能です。
どの住戸も入口のドアを開け入っていくと、各所にトップライトが配され、予想のつかない個性的な空間が展開していきます。
圧巻は背後の外部階段からアプローチする2階住戸は、奥の部屋からいったん外に出て、屋根沿いの急な外部階段で3階の離れに登っていきます。
この空間に入るには最後によじ登らなければなりません。
まさに都会のツリーハウス感覚の部屋です。

すご~いアパートでした!_a0394451_12373363.jpg


久しぶりにすごい集合住宅を体験させてもらいました。

かつて模型を見たとき、そのまま実現するのは不可能なのではと勝手におもっていたのですが、見事に実現されていました。
おそらく、構造的にも、法規的にも、納まり的にも、そしてコスト的にも多くの乗り越えなければならない問題がたくさんあったことでしょうが、それらを乗り越え実現されたことは、すごいエネルギーです。

そしてこの建物の設計を依頼し、実現したUさんの建築に対する情熱もすごい、、、!

このような大胆な建物を拝見し、ふと自分のことを思うと、いろいろと挑戦しそれなりに痛い思いをして、知らないうちに保守的になりがちになってしまっている自分に気付きます。
時には勇気をもって挑戦するときは挑戦しなくてはと、、、。

すご~いアパートでした!_a0394451_12373312.jpg

by hosoya_isao | 2010-03-28 18:03 | Comments(0)

やっとレベル4?

やっとレベル4?_a0394451_12373285.jpg


昨日で毎朝聞いているラジオ英語講座、基礎英語3が終了しました。

少しでも英語を身近にとおもい、4~5年前から毎朝6時30分からの放送をきいています。
6時前にダイニングにあるラジオのスイッチをつけ、6時前のオルゴール放送からスタートです。
6時からの基礎英語1.2は家事や新聞を見ながら聞き流し、6時半から基礎英語3です。
これはレベル3の中学生レベルの英語なのですが、英語の勉強から数十年はなれてしまっているボクにはとっては、「こんな文法あったよね~」とか、「こんな言い回しあるんだ~」と、けっこう勉強になるのです。

その割にはあまり上達しない、、、それは予習も復習もしない、その放送の時間だけ英語にふれているだけだから、そのときだけわかったような気になっているだけ、、、。
原因はよ~くわかっています。
毎年、反省の繰り返し、、、。

4~5年も同じ講座を続けているとだいたいテキストの構成がわかってきてしまいます。
このマンネリ化した状況がよくないのかも、、、。
そこで今度、新規に来週から始まる英語講座をレベル3~4の「リトル・チャロ2」に決め、先日テキストを購入してきました。

一つのドラマを題材にした英語講座のよう、ちょっと楽しみでもあります。
ただ、放送時間が朝7時から。
ということは朝の洗面、ちょっとした家事、そしてジョギング&シャワーをその時間までに済ませておかなくてはなりません。
逆算すると5時半起きになりそう、いままでよりも15分早起きしなければなりません。


きょうは親戚の法事に行ってきました。

その親戚の家の娘さんはタヒチの現地人と結婚しタヒチ在住、今回は2人の子供をつれて帰ってきていました。
現地の小学校にかよっているという子供達は顔はハーフの顔なのですが、日本語を普通に話します。
「どうしてそんなに日本語が上手なの?」と聞いてみると、学校ではフランス語なのですが、家では日本語を使っているとのこと。

そういえば、先日食事をしたMichelも言っていました。
アメリカ人であるMichelの奥さんは日本人。その子供さんはいま品川区立小学校に通っているとのこと。
「家では何語ではなしているの?」と聞いたら、学校では日本語なのですが、家では英語なのだそうです。

どうりで自然に2ヶ国語がしゃべれるようになっちゃうんだ~と納得。

ただこのワザを使えるのは両親とも2ヶ国語が話せるというのが絶対条件なのですね~、、、。

できれば、そんな両親のもとに生まれたかったな~、、、ナンテネ!(笑)。
by hosoya_isao | 2010-03-27 19:13 | Comments(0)

きょうは5月15~16日に予定している我が事務所主催の建築見学バスツアーの下見に行ってきました。
いつもは土曜日、もしくは日曜日を使って下見をするのですが、今回は土曜日の都合がつかず、金曜日の下見となりました。
平日の下見となると高速料金がかなり割高なのがイタイところ、、、。

8時に事務所にFと集合。Y君には留守番を頼み出発です。

今回の旅行の行き先は、5年ぶりくらいに長野県南部から愛知県東部エリアです。

我が事務所から間近の三芳スマートインターから関越道に入り、圏央道を使い八王子へ。
八王子から中央自動車道に入り、まずは茅野市民会館へ。
茅野市民会館には10時に到着。距離と時間を確認、トイレを済ませすぐに中央自動車道へもどります、

次は飯田にある妹島和代氏の設計による小笠原記念館です。
ここもクルマから下りずに時間と距離を確認。

続いて、根羽村にある廃校を改装した宿泊施設に向かいました。
阿智から三州街道を南下するのですが、途中には治部坂峠という標高の高い峠があり、そこは気温0度、雪が舞っていました。

根羽村の宿泊施設は5年前にも使用させていただいているのですが、改めて担当者の方に立ち会っていただき、厨房の備え付け調理器具などの確認をしてきました。

13時には宿泊施設を出発。

続いて豊田市美術館へ。
途中、足助(アスケ)を通過したので、ちょっと足助の古い町並みを見に立ち寄ってきました。
一部に古い町並みが残っているのですが、バスを止めて見学に寄るほどではないようです。

豊田市美術館へは15時到着。
ここも距離と時間を確認、駐車場のトイレで用だけ済ませて出発。

次は、昨日事務所OBのS君から教えてもらった妹島和代の最新作「豊田市生涯学習センター 逢妻交流館」へ向かいました。
豊田市美術館からはほんの数分のところにある、まだ開館して1ヶ月もしていない建物です。

きょうは下見で800キロ走_a0394451_12373269.jpg


きょうは下見で800キロ走_a0394451_12373201.jpg


ここは初めてなので、クルマを駐車場においてじっくり見学してきました。
外周部のうねるガラスの壁は群馬県の鬼石多目的ホールに似ています。
ただこちらはより進化しているようで、カーブしたガラスの外壁の内側に、ガラスチューブのよる空間が挿入されています。
しかもそのチューブは1~2階、もしくは2~3階へと貫通しているのです。
規模はそれほど大きくありませんが、なかなか見甲斐のあるたてもののよう。
施設の方に当日の見学の依頼をし、帰途へ。

16時に豊田を出発。
帰りは東海環状自動車道から、中央道、圏央道、関越道と給油以外は止まらず走り続け、20時にふじみ野へ帰ってくることができました。

全工程、790キロあまり。
飯田から豊田へ一般道の移動も150キロほどあり、ほぼ12時間づーっと運転しっぱなしだったのでちょっと疲れました。

これから距離と時間をチェックしながら1泊2日のタイムテーブルの作成にはいります。

楽しい建築見学バスツアーを企画しますよ~!

乞うご期待です~!!!
by hosoya_isao | 2010-03-26 20:45 | Comments(0)

幸福度って測れるの?

幸福度って測れるの?_a0394451_12373196.jpg


きのう打ち合わせにうかがった会社の1階にあるショールームです。
そこには自社製品である、幼児のための乗り物が多数展示してありました。

パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんに買ってもらって、嬉しそうに笑顔で乗っている子供たちの笑顔が想像できます。
子供達の幸せな笑顔を作れる仕事なんて、いい仕事だな~と羨ましくなりました。

考えてみればボク仕事もたちの仕事も建物を通じて、人に幸せを届ける仕事といってもよいとおもいます。
それぞれの人生の中での、家づくりという大きな事業のお手伝いをさせていただき、喜んでいただくこと、実際はこちらはたいして儲からなくても、そこそこ大変でも、そのような仕事につくことができ、それなりに達成感や満足感を味わえる自分は幸せなんだな~とおもいました。
そして信頼して仕事を頼んでくれる方々がいらっしゃることに感謝です。


そんなことを思っていたら、先週の朝日新聞の記事を思い出しました。

それは「幸せの指標」について。
いま国や自治体が国民の幸福度や幸福感についての指標を明確にするため、それらを測ることが可能かどうか調査をしはじめているというのです。
内閣府は今月、国民の幸福感をはじめて総合的に探る全国調査を実施していて、6月にはその幸せの指標を発表するとのこと。

それってホント?っていう感じです。
人の幸せなんて数値化は出来るわけがないですし、ひとそれぞれの人生観、価値観によってもまったくちがうものです。

その記事の中である大阪大学のO教授の研究が紹介されていました。
「失業と幸福度の関係をみた研究では、失業者の幸福度を上げるのには、金銭的な分配よりも同額の資金で仕事をつくったほうが効果的であったという結論を得た。」とのこと。
そんなこと研究しなくったって、だれでもわかってることでしょ。
幸福度は経済的、物質的豊かさとは必ずしもリンクしていないということなのですよね。

相田みつをさんが言っています。

「幸せは、自分の心が決めるもの」って、そのとおり!。

いや、ふしあわせだって考えようによっては人間を大きくするための良い試練になるのでしょう。

「よろこびが集まったよりも
 悲しみが集まった方が幸せに近いような気がする

 強いものが集まったよりも
 弱いものが集まった方が
 真実に近いような気がする

 しあわせが集まったよりも
 ふしあわせが集まった方が
 愛に近いような気がする」

 星野富弘

ボクの好きな詩です。
by hosoya_isao | 2010-03-25 19:24 | Comments(0)

今朝は路面が濡れていたので朝のジョグは中止。

きょうは10時から浅草で打ち合わせがあったので、その埋め合わせにと自転車のスピードを上げて駅までスパートしてみました。
駅に着く頃にはカラダは熱くなてきたのですが、パラパラ冷たい雨が、、、。

地下鉄の浅草駅を出るとすでに本降り。
出掛けに天気予報も確認せず、ジャケット1枚で出かけてきてしまったことを後悔するのですが時すでに遅しです。
きょうは夕方まで帰れれません。

午前中の打ち合わせは12時過ぎまでかなり突っ込んだミーティング。
この計画への関係者方々の思い入れの強さをひしひしと感じます。

午後はまず雑司が谷のAK HOUSEの定例打ち合わせへ。
約束の時間がせまっていたので池袋駅の立ち食いそば屋さんでさっさっと昼食。
B級グルメのボクはJR池袋駅構内埼京線ホーム下の立ち食いそば、嫌いではありません。

狭くて低くて落ち着く空間_a0394451_12373116.jpg


20分遅れで現場到着。
きょうはクライアントのAさんにも打ち合せに参加していただきました。
現場はサッシが取り付いたところ。高さ3メートルもある巨大な玄関のスチールドアは圧巻です。
T字型のプランの交点に階段があり、半階ずつスキップする構成になっているのですが、玄関上部の幅1.7メートル天井高さ2メートルの踊り場のような狭く薄暗い空間がやけに落ち着きます。
ここは奥様専用コーナーになる予定です。
きょうは24日、って言うことは1ヵ月後にはオープンハウスです。
来週には足場がバレルので、その前に外壁検査をする予定です。


夕方は三ツ沢のY HOUSEへ。
こちらもクライアントのYさん交えての打ち合わせです。
きょうは久しぶりに奥様と先日2歳の誕生日を迎えたYu君も参加です。
初めてYu君と会ったのが昨年の4月だったでしょうか、、、。いろいろオシャベリしながら現場を走り回るその成長振りには驚かされます。
U君が自慢できる家にしますよ~!

帰りはYさんに横浜駅まで送っていただき助かりました。
定員4名のツゥインゴに5名乗車で、、、。
クルマと電車の暖房がありがたかったこと、、、。

さ~て、この冷たい雨の中、ふじみ野駅からどう帰ろうかとおもっていたら、Y君がふじみ野駅の駅前パーキングにクルマを置いて来てくれたとのこと、薄着で出かけてきたぼくはこれまた大変助かりました。
by hosoya_isao | 2010-03-24 19:58 | Comments(0)

きょうは東洋大学の卒業式の日。

ボクは川越キャンパス連合育成会の役員を仰せつかっている関係で、いろいろなお手伝いがあるので11時過ぎには大学へ。

きょうはまず今年1年間、工学部で活躍した学生の表彰から。
もちろん今年も工学部の功労賞は箱根駅伝で優勝した選手2名です。
8区を走った建築学科3年の千葉君、そしてアンカーで去年に続いて今年もゴールのテープをきった機能ロボテクス学科3年の高見君でした。

千葉君につぎはどこの大会?と聞くと、つぎは4月11日の焼津のハーフマラソンだそうです。
相手にならないのはわかりきているのですが、今度は是非同じレースを走ってみたいものです。
きっと彼がゴールするころ、まだボクはやっと折り返し点を過ぎたくらいなのでしょう、、、、(笑)

みんなに会えなくてちょっと残念だった、おめでたい日_a0394451_12373180.jpg


午後は学位記授与式へ。

卒業生は午前中、武道館で卒業式を済ませ、午後は川越キャンパスで各学科に分かれて学位記の授与式がありました。
ボクはコンピュテーショナル工学科の担当ということで、授与式では会長にかわり祝辞を述べ、その後は会費の徴収役にまわりました。

これが意外と大変な作業です。
会費は任意なので、払ってくれる学生と拒否する学生がいるのです。
卒業生にとって、同窓会とおなじ組織の連合育成会は、将来きっと役に立つとおもうのですが、なかなか卒業したばかりの卒業生には、いまいちピンとこないようです。
こんなご時世なので、任意の会費を請求するのもなかなかしにくいのですが、なんとか説得して、約半数の卒業生に会費を払ってもらいました。

そんな大切な会費ですから、これからも在校生、卒業生のためにしっかり活用していかなければなりません。

ボクは建築学科の非常勤講師をしているので、できれば建築学科の授与式に参加し、顔見知りの卒業生の卒業を祝いたかったのですが、今年もその希望はかないませんでした。
かなり残念です、、、。

会費の集金の集計作業が終わったころには、建築学科の卒業生はもうすでにいなくなっていました。

いつも我が事務所の旅行に参加してくれていた面々にも会いたかったのにな~、、、。

会えなかった卒業生のみなさ~ん、これからも頑張ってくださいね!
by hosoya_isao | 2010-03-23 19:25 | Comments(0)

きょうは10マイル

きょうは10マイル_a0394451_12373095.jpg


きょうは振り替え休日で休み。
墓参りも終わりやっと自由な休日となりました。

ということで今朝は9時過ぎに家を出て、久々にアウトレットパーク入間へ買い物に。
前回は1月上旬だった記憶がるので、3ヶ月に1回くらいの割合でいっていることになるでしょうか。
これといって欲しいモノはないのですが、好きな店の品揃えを見るだけでも楽しいものです。

ボクのアウトレットへ行くときの決まりは1人で朝一番に行くこと。
着るものの買い物は絶対1人が良いとボクは確信しています。
よけいな気を遣わなくて済むから。
朝一番というのは駐車場もスムースに入れますし、ゆっくり品物を見て歩ける。っていってもボクの行くショップは3~4軒だけですが、、、。
混雑の中で買い物をするのはあまり好きではありません。
きょうはあまり気に入ったものがなかったのですが、しいていえばニューバランスのランニングパンツとBRのセーターくらいかな~。

きょうは10マイル_a0394451_12373003.jpg


11時には買い物終了。
帰りは所沢経由で帰ってきたのですが、途中アウディのショールームの前を通ったらA5スポーツバックが置いてあるではあ~りませんか、、、。
早速Uターンしてそのクルマを見てきました。
実車は昨年11月に大宮バイパスを走っているのを見たのですが、それはテスト車らしく、実際には1月から販売している車です。
けっこうな人気で3~4ヶ月待ちとか、、、。
何でそんなに興味をそそられているかといいますと、このクルマはA5の5ドア版。
このクラスの5ドアはなかなかありません。
かつてサーブ9000タラデガという5ドアのスポーツタイプのクルマを乗っていたことがあるのですが、このクルマはデザイン、性能ともに最高に良いクルマでした。
新車から10万キロまで乗って手放したのですが、その後その手の車が見当たりませんでした。
ところがこのA5スポーツバックはタラデガとまったく同じコンセプトのクルマのよう。
ボディサイズも同じ、2.0リッターターボというのもそっくりです。そうそう値段もそっくりでした。
内装もかなりしっかり出来ている感じ。

ただよくよく考えると、あの頃は家族5人が乗るケースが多々あったのですが、いまこのクルマを所有したとしたら、、、、でかすぎる~って言う感じは否めません。
良い車ということはわかりましたが、いまのボクには似合わないことに気付きました。


帰ってから、さっそく買ってきたランニングパンツをはいて走ることに。
再来週には幸手10マイルという大会があります。
ということできょうは10マイル、16キロ走ってきました。
片道8キロ地点はちょうど所沢市民体育館。
体育館ではトイレをお借りして、順調に走って帰って来れました。

でも今月のマイレージ?は間違いなく150キロには届かず、120キロ止まりかな~、、、。

きょうは10マイル_a0394451_12373137.jpg

by hosoya_isao | 2010-03-22 20:25 | Comments(0)