<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

卒計の採点

卒計の採点_a0394451_14260056.jpg

先週はなんだかんだ出かけることが多く、土日もふさがっていたので、結局卒業設計の採点は最終日のきょうになってしまいました。

このところ毎年、春期は3年生、秋期は2年生の担当なので、4年生の名前を見ると彼らも、あ~もう4年生になっていたんだ~となんか懐かしくおもえてきます。

10時過ぎには大学に着き、採点名簿をもらって採点開始。
全部で50以上の作品を見るのはそこそこ時間がかかります。とくに見上げる姿勢になるので首が痛くなりますが、今年は各所に椅子を用意してくれていたので助かりました。

まず、サーッとひとまわりして全体の出来の確認をしてから、改めてひとつひとつをじっくりみさせてもらいました。
卒業設計の最近の傾向として、社会性を軸にした作品や学生自身の出身地の再生などを建築的にとらえた作品が多い中で、私的なそして詩的な作品も多くなってきたように思います。
中にはパロディっぽい作品もあったりして、見るほうとしてはいろいろと楽しめてあきません。

ボクの今年印象に残った作品は、A君の刑務所と複合施設を国道沿いに併設した作品。
社会復帰を建築計画的に表現しているところがよかったです。
それから、U君のホスピスも諏訪湖湖畔というロケーションと瞑想空間が印象的な作品でした。
O君の上野の図書館のデザインには驚かされました。積層しながらも透明感のある模型はすごかったです。
Mさんの下北沢の小田急線路跡地の利用計画もいろいろなアイディア満載で、このような散歩道があったら楽しいだろうな~と。

笑えたのは「こんなホテルはいやだ!」という作品。素直に面白かったです。シリーズ化を期待します。「こんな大学はイヤだ!」とか「こんな病院はイヤだ!」とか、、、。
ほのぼのして良かったのはHさんのおばちゃんの家。優しさがあふれている感じ、、、。
設計の「トイレの神様」的な印象をうけました。

いろいろな卒業設計があってよいと思います。
大事なことは学生生活最後の卒業設計で、思う存分、楽しくやり尽くしたかということなのだと思います。

今週末は講評会です。
それぞれの作品の発表が楽しみです。
by hosoya_isao | 2011-01-31 19:28 | Comments(0)

「いさお」の日?!

「いさお」の日?!_a0394451_14260076.jpg

きょうは中国蘇州で暮らす三女Mの誕生日。
さっそく朝いちでお祝いのメールを送りました。
とりあえず、お祝いメールでお許しいただき?、今度帰国したときに改めてお祝いしましょうということで、、、。
どうやら夜は近所に住む長女ファミリーと誕生祝いの食事会をしたとのことで写真を送ってきてくれました。
中国は春節をひかえ、もう年末年始モードなのでしょうね~。

ボクはきょうも「さいたま市文化センター」でのイベントに行ってきました。
今回のイベントも11の設計事務所の展示があるので、いろいろなテイストの設計を見ることができて、大変勉強になります。
いま、世の中でどのようなものが求められているのか。
若い建築家はどのような考えを持っているのか。
そして自分のやっていることの位置づけも改めて再確認することができます。

そして、なによりもその設計者本人と交流が出来るというのがこのイベントのよいところだとおもいます。
ボクは20代で独立し、基本的に一匹狼的に(実は羊なのですが、、、)設計の仕事をしてきたので同業の知人が多くありません。いろいろな方々の設計に対する考えをお聞きするのは新鮮でとても勉強になります。
昨日も、イベントのあとの懇親会では設計以外の話でも大変楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。

きょうはイベントを6時に終えて、7時過ぎには帰宅することができました。
帰りがけ、買い物によったスーパーで、娘の誕生日にかこつけてワインを買って帰り、ひとりでお祝いと打ち上げをしました。

そういえば昨日の新聞広告に1月31日は愛妻の日なのだと出ていました。
単身者からすると、へ~ぇって言う感じです。

そうっか~そういことだったらきょう1月30日は「いさお」の日ジャン、、、とか理由をつけてワインを飲みながら1人で盛り上がってしまいました。まる!
by hosoya_isao | 2011-01-30 19:39 | Comments(0)

狭い世界(業界)だね~、、、。_a0394451_14260070.jpg

今日明日と久しぶりにイベントに参加のため、南浦和にあるさいたま市文化センターへ行ってきました。
このイベントはそれぞれの設計事務所のパネルや模型を展示し、自由に見ていただくものです。
そしてそれは時には設計者と建て主の出会いの場にもなります。

今回は11の設計事務所の方々が参加しています。
その中で唯一、以前から知っていた建築家 原雅之さんがいました。
原 雅之さんはいまから9年前の2002年、テレビ番組「テレビチャンピョン リフォーム王選手権」の準決勝でお会いした仲です。
ボクは残念ながら原さんでないもう1人の方に負けて決勝進出は出来ませんでいたが、原さんは決勝に進出し準優勝おさめました。
それ以来、原さんとはず~っと手紙のやりとりを続けています。
きょうは9年ぶりに原さんにお会いしたのですが、その間、たまにテレビでも拝見していたのでそれほど久しぶりという感じがしませんでした。
当時から爽やか系イケメンの原さんはいまも9年前とほとんどかわりません。

他の設計事務所も方々は初対面の方がほとんどでしたが、経歴をお聞きすると知り合いの知り合いだったりして、驚かされることがいくつもありました。

となりのブースの黒田さんは東洋大学で教鞭をとられている工藤先生の事務所「シーラカンスK&H」出身とのこと。
その事務所にはボクの知り合いがたくさんいて、話が盛り上がってしまいます。
また岡平さんとは初対面だったのですが、聞くとふじみ野で住宅を設計したことがあるとのこと。
さては以前、ブログ&ラン仲間の前島さんがオープンハウスに行ったと聞いた建物を設計された建築家と思いきや、やっぱりそうでした。

そのほか同じ名前の建築家ホソヤ ジンさんにも初めてお会いしました。
こちらのホソヤさんは細谷でなくて細矢のほうのなのです。
雑誌等で作品は拝見していたのですが、お会いするのは初めてでした。

きょうも新しい出会いがいくつもあったのですが、その方々と話してみると意外なところでつながっているのだな~というこを実感したしだいです。

建築設計の世界ってけっこう狭いんですね~、、、。
by hosoya_isao | 2011-01-29 22:26 | Comments(0)

優しくて強い人(先生)

優しくて強い人(先生)_a0394451_14260079.jpg

恩師の内田雄造先生が急逝され、お通夜にいってきました。

内田雄造先生はぼくたちが在学中は講師として東洋大学で都市計画の科目の教鞭をとられていました。
いつもジーパンにジャケットというラフなイデタチで、気取らず構えず、大変親しみやすい先生でいらっしゃいました。
当時から、先生は東大闘争のリーダーとして活動されていたと聞いていましたが、その温厚なお人柄からは、まったく想像もつきませんでした。

卒業し、十数年ぶりに東洋大学で非常勤講師をさせていただくことになり大学へ行くと先生は教授になられていました。
それ以来、設計製図の授業を一緒に担当させていただく機会も多く、ボクが自分自信で設計した建物をレクチャーするときなどには、先生はいつも率直なコメントや温かい励ましの言葉をいただいていました。
ボクがいくつになっても教え子として見守ってくださっていたのでしょう。
学生達にも、分け隔てなく温かく接する先生でした。
教員の理想です。

今日の通夜で、何人かの方の弔辞をお聞きし、改めて先生のお人柄を知ることができました。
いまから約40年前の学生運動の嵐が日本中に吹き荒れている頃、先生は東大闘争のリーダーとして強い信念を持って体制と闘っておられたそうです。
その後、街づくりの研究者となっても、同和地区の街づくりや市民運動のリーダーとして、つねに社会的弱者の味方としての研究者の生き方を貫いてこられた方なのです。
その業績は建築学会業績賞などをはじめ、数々の賞を受賞されています。

あの温かくて優しい先生と、社会的弱者が納得できない問題に対しては、真正面から対峙する芯の強い先生が同居することがとても不思議であり、また憧れでもありました。
そんな、温かくて優しくてそして強い生き方を先生から学ばせていただきました。
本当にありがとうございました。

先生のご冥福をお祈りいたします。
by hosoya_isao | 2011-01-28 22:02 | Comments(0)

いろいろ感じました。

いろいろ感じました。_a0394451_14260040.jpg

以下は数日前の朝日新聞の声に掲載されていたものです。

「ヤッホーと成人式に戻ってきた娘」
地方公務員  渋谷 雄悦(青森市 60歳)

成人式に娘も行ってきました。
娘は4年前、高一の6月に病気で亡くなりましたが、友達である彼女はいつも遺影を持ってセンター試験に、通う横浜の大学に、建築物の見学に旅したイタリアにも娘を連れて行ってくれました。
今年の吹雪の成人式には、晴れ着姿に娘の写真を抱えて出席してくれました。
私たちは娘のたくさんの友達に励まされ、元気で正義感の強かった娘に恥ずかしくないようにと暮らしてきました。
そのご褒美と言えるものがもう一つありました。
成人式にあけようと小学6年時のクラスで作った段ボール箱製のタイムカプセル。
担任の先生が大切に保管し、成人式にクラスメートらが開けました。
娘は8年後の自分に手紙を書いていました。
「20歳の渋谷早紀へ
ヤッホー、いま何歳?20歳?現在2003年3月25日です。20歳の渋谷早紀は何してるんでしょう?
大学生?浪人?プー?東京にいるんですか?青森?
20歳になってもまだ意地っ張りですか。
まだ「嵐」のファンですか、、、多分いつでも好き勝手やってるんでしょうね(笑)
常に妥協にケリいれろ!
友達、大事にね、、、」

スコップ姿の娘がみえそうな雪の中、きょうも私は雪かきをしています。


この短い投稿を読んで、ボクはたくさんのものを感じることができました。
家族や友人を大切に、そして一日一日を大切に生きて行きたいとおもいます。

日曜日のあの映画では泣かなかったのに、、、。
by hosoya_isao | 2011-01-27 22:51 | Comments(0)

同じ境遇

昨夜は、課題講評会のあと打ち上げがあるというので、久しぶりに電車で大学へ行ったのですが(飲む気マンマンということではなく、、、。)打ち上げを終えて、鶴ヶ島の駅に行くと東上線が人身事故で運休。
ボクは8時半に駅に着いたのに、電車が動き出したのは10時すぎ、1時間半も駅の寒いホームで待たされてしまいました。
我が家に帰り着いたのは11時すぎ。
ふじみ野駅からの自転車も寒かったこと~、、、。
こうなるんだったら、先生方ともう1軒付き合ってくればよかったかな~、、、。
う~ん、やっぱり大学はクルマで行くに限ります。
同じ境遇_a0394451_14255919.jpg

きょうの午後は新しい計画の構造の打ち合わせに構造設計家の梅沢良三さんの事務所へ行ってきました。
梅沢さんは、図面を見るなり、早々に構造計画の方針を決め、仮定断面ドンドン決めていきます。
いつも梅沢さんからは構造設計者のひらめきや鋭い勘のようなものを感じます。
こんな打ち合わせは緊張感のなかにもワクワクする期待感もあふれています。
と同時にはたして工事予算の方はだいじょうぶかな~という不安感も、、、。
まずは構造計画が決まったところで、基本設計を整理し、プレゼン模型製作開始となります。
同じ境遇_a0394451_14255946.jpg


打合わせを終えて、夜は久しぶりに中高同級生のM君と食事へ。
M君は同窓生の後輩I君を連れて来てくれました。
I君は6歳違いなので同時期には在学していなかったのですが、体育のI先生の息子さんとのこと。
ボクと父親も同じ学校の数学の教師と生徒だったので、初対面ながら同じ境遇だったI君には妙に親近感をもってしまいました。
私立城北中学にはそんな生徒が何人かいたな~、、、。

きっと、親の方も、子の方も、なんだかんだそこそこやりにくかったようです。(笑)
by hosoya_isao | 2011-01-26 22:26 | Comments(0)

設計製図作品講評会

設計製図作品講評会_a0394451_14255949.jpg

きょうは2年生の第三課題「何かがある家」の全体講評会がありました。
きょうのゲストクリーティークは建築家の福島加津也さん。
講評会を始める前に福島さんの設計に対する考え方をお聞きし、作品のスライドをもとに解説をしていただきました。
ひとつひとつ自らの手でつくりあげる丁寧な設計手法はとても共感します。

福島さんのレクチャーをもっともっとお聞きしたかったのですが今日のメインは学生作品の全体講評会。
50分ほどの福島さんのレクチャーの後は、事前に決められた順番にしたがって学生の作品プレゼンテーション開始です。

きょうの発表学生は自薦作品が5名、選抜作品11人。
まずは自薦作品から。自薦作品のなかではOさんの大きな家型の大空間に個室群が入れこ状になっているのがなかなか面白かったです。
そのほかの自薦作品も頑張っている作品がありました。選抜で選ばれなくても自分の作品は講評してもらいたいという強い意欲が感じられます。これってとても大事なことです。
次に選抜作品へ。
選抜作品の中でボクが評価した作品は、S君の中庭を囲んだ作品。街並みとはスリットで適度につながりつつ、3階建ての上階に行くに従って中庭との関係を保ちながらプライベートからコモンスペースになっていくという作品です。
また、学生の名前は忘れましたが、2.6mグリットを回廊と格子状の通路で構成されていたスタイリッシュなデザインの作品もよかったです。

最後に、来年夏に開催される建築士会主催の住宅課題賞へ出す作品を先生方の投票で選考しました。
その結果、ボクのグループだったOさんが住宅課題賞の選考対象作品として東洋大学より出展することになりました。
Oさんの作品は、1日の行為を時間軸にとらえ、それを建物の断面に繁栄したというコンセプチャルなデザインです。
図面のプレゼンテーションもうまくできていて、模型も丁寧に作られていたのが評価されたということなのでしょう。

今回の講評会では教室正面壁にTAがツイッターをプロジェクターで映し出しながら進められました。
先生方の講評をききながら、学生はもちろん、先輩、教員などいろいろなツイートが書き込まれていきます。
ただ、講評会の最中にそれらをいつでも見ることができるというのは、少々注意力散漫になってしまう印象をもちました。

きょうで2年生の授業は終わりです。
きょうの先生方による選考会でもわかるように、作品の評価は教員によりかなり違うものです。
仮にどの教員にも評価されなかったとしても、新たな気持で3年生になっても建築設計を頑張ってもらいたいと思います。
自分を振り返ると、学生時代の設計はそれほど良い評価をもらえた記憶がありません。
でも設計はとてもスキだったので、楽しみながらやっていたかな~、、、。
by hosoya_isao | 2011-01-25 22:52 | Comments(0)

Mちゃんの家

Mちゃんの家_a0394451_14255905.jpg

きょうはN HOUSE地鎮祭がありました。
久々に150坪という広い敷地での延床面積約45坪の平屋建て木造住宅です。

いつも建ぺい率や容積率、そして道路斜線制限や北側斜線と闘って、ミリ単位のせめぎ合いの設計をしている我が事務所にとっては、法規制の縛りがないのはちょっと物足りない気もしてしまいます。
その分、順調に設計が進むのかと思いきや、確認審査機関はたわいも無いことに突っ込みをいれてきます。
今回の確認申請は一発で通りそう、、、。一発で通ったらお祝しよぅ~!なんて担当のY君といっていたのですが、結局訂正事項の通知がきて、今回も一発で確認を通すことが出来ませんでした。残念!!!。
いままで百件以上の建築確認申請をしていますが一発で通ったことは数えるほどしかありません。
それって、こちらが毎回しっかり書き込んでいないということなのか、確認審査機関が厳しすぎるのか、、、、。
それともギリギリを攻めすぎているからなのでしょうか、、、。(苦笑)
なんか最近は一発で通らないのが当たり前になってきてしまいました。

今回のクライアントのNさん(というよりMちゃん)は小学校のころからの幼なじみです。
幼なじみのMちゃんとは、中学校からは別々になってしまいましたが、中学校時代も高校生時代も大学生時代も、そして社会人になってもずーっと付き合っているめずらしい幼なじみです。
小学校のガキンチョのときからいつも畑や山林を駆け回って一緒に遊んでいました。
思春期のころもいつも会っていたので、お互い恋愛相談なんかもした仲。
そんな時代もあったな~なんて、思い出すだけでも、こっぱづかしい気分になります。
Mちゃんとはお互いの成長過程をすべて知っている(知られてしまっている?)数少ない友人なのです。
このような友人の家を設計する機会をもててとても嬉しくおもっています。

夏までには完成予定、そんなクライアントとのリラックスしきった打ち合わせが楽しみな現場です。
by hosoya_isao | 2011-01-24 11:08 | Comments(0)

最近泣いたことある?

最近泣いたことある?_a0394451_14255967.jpg


昨日の新聞にこんなデータが載っていました。
「最近ないたことある?」というもの。
ボクの答えは「はい」です。

自分自身のことを考えてみると、歳をかさねるごとにどんどん涙もろくなってきている気がします。
なぜなのでしょうか。楽しいことも辛いことも、嬉しいことも悲しいことも、いろいろな経験値がふえ、ココロの感情のセンサーが年齢とともに敏感になってきたということなのでしょうか。
先週の初め、仕事を終えて、たまたまつけたテレビ番組をみても涙を流してしまいました。
ガンにおかされた30代の母親が、まだ5歳の娘を残して旅立たなければならない状況の記録でした。
余命短いこの母親は、娘が成人になるまでの誕生日に贈るバースデーカードを15通つくってあげたとのこと。ジーンときてしまいました。
いつも1人でテレビを見ているので、気を使わなくて泣けます。(笑)

悲しいシーンだけでもありません。
感動的なシーンでも自然に涙が流れてくることも多い気がします。
まあ、感じやすいということは良いことなのだと思います。
医学的にも涙はストレスに対する一種の防衛機能で、泣くことでストレスが緩和されるのだそうです。

そんな記事を読んだあと、スーパーに買い物に行ったら併設のシネコンで見たかった映画「僕と妻の1778の物語」をやっていました。
主演が竹内結子ときたら見ない訳にはいきません。
きっと泣けちゃうんだろうな~と覚悟をして?人目につきにくい最後列の席を取ったのですが、今回の映画では涙は流しませんでした。
実際のSF作家夫婦の話しなのですが、途中に入る短編SF小説の再現VTRがなんか場違いな感じだったような~、、、、。
泣けなくて、ちょっと期待ハズレ?でした。(笑)

最近泣いたことある?_a0394451_14255919.jpg

by hosoya_isao | 2011-01-23 19:20 | Comments(0)

いろいろ勉強になります。_a0394451_14255855.jpg


いろいろ勉強になります。_a0394451_14255817.jpg

きょうは久しぶりに2軒のオープンハウスにおじゃまさせてもらってきました。

まず一つ目は中目黒に完成した3階建てのアトリエ併用住宅。設計は東洋大学で一緒に非常勤講師をやっている長谷部勉さんです。
案内をいただいて、見ると木造3階建てのとのこと。
制約の多い木造3階建ての建物をどのように設計したのかとても興味がありました。
場所は山手通りから少し入った静かな住宅地にありました。
長谷部氏によると、1階が仕事場なので建物も住宅らしさを払拭するデザインを意識したとのこと。
ダークブラウンのガルバリュームの波板のファサードと整理された開口部がとてもスタイリッシュな印象です。
1階が独立したアトリエで2階3階が住宅。
アルミチェッカープレートの踏み板の階段を上っていくと、2階ワンフロアーすべてがLDKです。
天井高さも3.2メートルもあり、しかもハイサイドライトの開口部がその空間を1周しているので、十分な開放感を味わえます。
3階は寝室と水まわり。1人で住まわれるには贅沢な空間が展開していました。
準防火地域においての木造3階建てでも、十分開放的に作れることを学ばせていただきました。
いろいろ勉強になります。_a0394451_14255850.jpg


いろいろ勉強になります。_a0394451_14255802.jpg


次はこれまた初台坂下の山手通りから少し入ったところにある谷内田章夫氏設計の元代々木の集合住宅のオープンハウスへ。
こちらはRC7階建て、41戸の賃貸集合住宅です。
もういくつも谷内田さんの集合住宅を拝見させてもらっていますが、今回の建物も各所にロフトを設け、平面的にも断面的にもパズルを解くような複雑で楽しい住戸が展開していました。
設計する人は大変だとはおもいますが、きっとたくさん楽しんでいるのでしょう。
そして住まい人も生活が楽しくなりそうな集合住宅でした。

他人の設計した建物を見させてもらうと、とても勉強になります。
今回もたくさん得るものがありました。

夕方は、走るつもりだったので、暗くならないうちにと急いで帰ってきました。
帰りのクルマの中、最近ハマッテいる中国のクラブミックスをかけながら、、、。

ちなみに、そのCDに入っている曲で最近クセになってるnobody nobody
これはKポップなのですが、このノリがスキです。
by hosoya_isao | 2011-01-22 17:56 | Comments(0)