<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

きょうの午前中は1ヶ月半ぶりに床屋さんBBSへ。
すると、きょうの夜、BBSマスター宅でいつものメンツで食事会をするのでどう?とお誘いをいただきました。
ちょうどきょうはハロウィンということもあって飲み会にはぴったりの日のよう?!
ということで、久しぶりにSさんのお宅のほうにお邪魔してきました。

メンバーはミッちゃん夫妻、Sマスター夫妻、そしてN君。
ミッちゃんとはなにかに付けて、FBや電話での情報交換はしているのですが、会うのは久しぶり。
家が近いN君とはよく路上でバッタリ会うのですが、いっしょに食事をするのはこれまた久々です。

相変わらず、Sさんの奥さんお料理は凝っていて、コースで楽しむ高級料理屋さんのよう。
今夜のメインは高級牛肉のしゃぶしゃぶ、美味しくいただきました。
にぎやかすぎるオヤジたちの話が盛り上がりすぎて、けっきょく11時過ぎに解散。
たまにはこんな夜ふかしの夜もいいですね!
次回はみんなでベラルーシ料理を食べに行こう!らしいです。(笑)


ハロウィンというわけ、ではなく、、、。_a0394451_13591337.jpg

by hosoya_isao | 2018-10-31 08:19 | Comments(0)

いつまで乗れるぅ?!。

いつまで乗れるぅ?!。_a0394451_13591210.jpg


毎週火曜日はK大学の八王子校舎まで、関越道・圏央道を使い4cで行っているのですが、
先週と今週は大学の行事などのため休講となり、楽しみにしていた高速走行が楽しめていません。
けっきょく2週間まったくエンジンをかけていないということ。
今日のように秋晴れの日は、用がなくても乗り出したくなってしまいますが、
とりあえず来週の授業までガマンガマン、、、。

数日前、知り合いで916つながりのIさんが、ロータス エリーゼを買おうか、買うまいか、、、
悩んでいるとFBのタイムラインに書き綴っていました。
Iさんはボクよりも5歳先輩の方なので、その悩みがちょっと理解できる気がしました。
クルマ好きの人がクルマを運転することは、おそらく80歳になっても85歳になっても可能だと思うのですが、
スパルタンなスポーツカーを乗りこなすことが果たして何歳まで可能かということが重要なポイントなのです。
せっかくのハイポテンシャルなスポーツカーに乗っていても、
その性能を十分発揮できないようなドライビングではそのクルマに乗る意味がないのです。
スポーツカーをカッコよく乗りこなすには体力はもちろんのこと、
視力、聴力、そして反射神経などの感覚的なものも要求されます。
正直、ボクもいつまで4cに乗っていられるかはわかりませんが、ボクには自分自身で決めた目安があります。
それは定期整備などの際、我が家から12キロ離れているアルファロメオディーラーまで
自分の足で走って行けなくなったら4cは降りようと思っています。(笑)
by hosoya_isao | 2018-10-30 17:38 | Comments(0)

あったかいのを!

きのう、久しぶりに掛ふとんカバーを洗おうとジッパーを開けたところ、
中から羽毛の羽がたくさん飛び出してきてしまいました。
どうやら羽毛布団の一部が破れて、カバーの中に溢れ出ていたよう。
そういえばこの布団はかれこれ30年近く使っているもの、
とっくに寿命は終わっているということなのでしょう。

ということで、さっそく近くのニトリに掛フトンを買いに行ってきました。
ボクの寝室は内外部がコンクリート打ち放しの上、部屋の壁の3面は外部、上は屋上、下階は納戸ということで、
6面のうちの5面が外部と言って良い部屋なので、冬期の冷え込みはハンパではありません。
一番の冷え込む時期では2~3度になることもあります。
ということで電気敷毛布は不可欠なのですが、布団もかなりの保温力が必要とされます。
さっそく寝具売り場で掛フトンを探していたら、ありました。
吸湿発熱タイプの掛け布団。プラス蓄熱の表示もあり、あったかレベルが5というすぐれもののよう。
この表示だけでもかなり期待できそう、、、とうことでさっそくカバーも合わせて購入してきました。
今年の冬の布団の中はどんな感じになるのか、、、いまから楽しみ!(笑)


あったかいのを!_a0394451_13591231.jpg

by hosoya_isao | 2018-10-29 08:20 | Comments(0)

知ってるようで知らなかった、、、。_a0394451_13591213.jpg


テレビ番組「ゲンバビト」の放映時間は夜11時30分からと、普段はとっくに寝ている時間なのですが、
きょうはとても興味深いタイトル「保育園の昼と夜」だったのでみることにしました。

東京都江戸川区にある保育園の20代後半の女性保育士と新宿にある認可外保育所で夜間を担当する男性保育士のはなし。
いままで設計者として幼稚園を設計する機会があり、そこで働く先生たちと話す機会はたびたびあったのですが、
そのほとんどは設計に関しての話で、日常、その仕事の中で具体的にどのような悩みや苦労、
そしてやり甲斐があるのかまでは聞く機会がありませんでした。

きょうの番組は保育園でしたが、日々子供達と接しながら、
いろいろな出来事に対応しなければならない保育士さんの大変さがよくわかりました。
また最近、男性の保育士さんや幼稚園の先生も見受けられるようになってきましたが、
男性ならではの苦労があることも知ることができました。
一見、楽しそうな仕事に見えるのですが、実際はただ楽しいだけでななく、
子どもを預かるという大きな責任を感じながらの大変な仕事なのですね。
by hosoya_isao | 2018-10-28 09:24 | Comments(0)

検診の結果、、、。

今月初めに特定健診を受け、昨日検診を受けた病院へ行って、その結果を先生から聞いてきました。
血圧を除いてはとくに問題はないようなのですが、血圧が今回もちょっと高め。
この高血圧はもうだいぶ以前から言われていたことなんです。
今回は1回しか測ってないのですが、189−113と出てしまいました。
普通に日常生活をし、ジョギングも定期的にしていて、血圧が高いという自覚症状は全くないのですがぁ、、、、。
いやいや、意外とそういうのが危なくて、ジョギング中にポックリ!なんていうのもあり得るのかもぉ~なんて考えちゃいました。
心拍数は1分間に50と少なめなのですが、これは日常、走っている人によくある数値で問題ないとのこと。
病院で緊張していたから高めということもあるのでしょうが、それにしても高いので、
かかりつけの内科の先生に相談したほうがよいとアドバイスをいただきました。

ということで、今日午前中、T医院のT先生に診てもらいに行ってきました。
さっそく診察室で測ってもらったのですがやっぱり160−100と高め。
そこでT先生からは毎日定期的に血圧を測って記録するようにと血圧測定日記をいただいてきました。
一応、血圧を下げる薬も出してもらい、とりあえず1ヶ月飲んでみて血圧の経過観察ということに。
高血圧は薬でコントロールできるのであればそうしておいたほうがよいのでしょう。
食生活も塩分控えめに心がけるようにということなのですが、出来るかなぁ~、、出来るだけ気をつけてみます。
果たして1ヶ月後、どうなっているかぁ~、、、。


検診の結果、、、。_a0394451_13591105.jpg

by hosoya_isao | 2018-10-27 08:27 | Comments(0)

気になってた?!

気になってた?!_a0394451_13591124.jpg


今朝もいつもの時間にジョギングに出かけました。
毎朝、何人かの早朝散歩をしている人と合い、「おはようございます!」と挨拶をかわしているのですが、
その中の老夫婦にきょうは立ち止まって声をかけらてました。
「犬はどうしたんですか?」とのこと。「じつは先月、亡くなっちゃたんです、、、、」
いつも犬を連れて散歩をしていたのに、いつの間にか飼い主だけのジョギングになってしまい、どうしたのかと気になっていたとのこと。
気にしてくださる方もいたんですねぇ~、、、ありがたいことです。

確かに毎朝あっている人が、数日見えなくなると気になるものです。
そういえば毎朝シーズーを3匹連れて散歩していたおじいいちゃん、最近見なくなりましたが、どうかしたのでしょうか、、、。
一匹だけ具合が悪いのであれば2匹の散歩には来れるはず。ということは飼い主さんの調子が悪いのでしょうか、、、、気になります。

っていうことは、ボクの早朝のジョギングがなくなると、朝の散歩で会う方々はなんとなく気にしてくれるのでしょうか、、、。
まだ当分は大丈夫そうですが~、、、。
by hosoya_isao | 2018-10-26 17:08 | Comments(0)

山田うどん

山田うどん_a0394451_13591030.jpg


きょうは給料日。
我が事務所は、給料日は外で夕食という決まり?になっています。
ということでKさんに「きょうはどこに行く?」と聞いたところ、
事務所からわずか数十メートルのところに数ヶ月前にオープンした
「山田うどん」に行ってみたい!とのことで、行ってきました。
いままで、他の「山田うどん」には行ったことがありますが、もう覚えていないくらい昔のこと。
個人的には、うどんよりも蕎麦、もしくはラーメンになり、行く機会がありませんでした。

ということで久々の「山田うどん」に行ってきました。
まず驚いたのは、いまは「山田うどん」ではなく「山田うどん食堂」というネーミング。
メニューを見ると丼物・カレーから各種定食までメニューが豊富で、
あまりの幅の広さに迷ってしまいます。

迷った挙句、ボクは肉汁うどんを注文。ちなみに肉汁も牛か豚を選べます。
どうやらテイクアウトメニューもあるようなので、けっこう使えるかもぉ~です。
ちなみに、以後、給料日の食事会では行かないと思いますが、、、(笑)

かつての「山田うどん」は単なる「うどん屋さん」ではなく、「ファミリー食堂」になっていました。
by hosoya_isao | 2018-10-25 09:23 | Comments(0)

年表を作ってみた。

いま事務所40周年記念誌の原稿を作っているのですが、その冊子の中に、
設計した建物以外のスタジオ4設計40年間の年表を作ってみようと思い、その原稿が出来上がりました。
横軸が年の経過、縦が各項目になります。
その項目はまず所属していた10人のスタッフの年表から。
次に事務所スタッフの研修旅行、そして年2回行っていた建築見学バスツアーを入れていきます。
そして次に著書やテレビ出演等などの項目があり、その次は非常勤講師としての経歴などを書き入れます。
そして最後にボクのクルマ遍歴とその時々の個人的な出来事を入れてみました。

こうして表にしてみると、その時の仕事の思い出とともに、その時の状況や自分のおかれていた環境はよく分かります。
意外に、なかなか楽しい作業でした。(笑)


年表を作ってみた。_a0394451_13591007.jpg

by hosoya_isao | 2018-10-24 14:10 | Comments(0)

きょうで愛犬アルピーヌが亡くなってから1ヶ月。
毎朝5時過ぎに起床し、まずはアルピーヌと散歩をしてからのジョギング。
どんなに前日の夜が遅くなっても、朝は定刻に起きてアルピーヌの朝の散歩が必須でした。
そして夕方は食事を済ませて、庭で用を済ませてから玄関のケージに入れて就寝という日々。
改めて感じるのは、アルピーヌがいなくなって毎日のルーティーンが変わってしまい、
最近やっと自分自身の日々のペースの修正が出来かけているところです。
せっかく習慣になった早起からの朝の運動は、もう愛犬はいませんが、これからも継続して行きたいと思います。

続けよう!早寝?早起き。_a0394451_13585398.jpg


きょうの午前中は2ヶ月に1回の歯の検診にM歯科医院へ行ってきました。
まずはいつも通りM先生とお互いの近況の確認?から。
M先生は今月初めに、故郷である上田のハーフマラソンンを走ってきたとのこと。
「70代のランナーは少ないんだなぁ~さすがにつかれたよ!」とのこと。
いやぁ~大会に参加されるだけでも素晴らしいと思います。
M先生のような方がいるので、ボクも大会参加をやめられなくなってしまっています。(笑)
いつのまにか、次の千葉マリンハーフまで1ヶ月あまり、、、頑張ります。
by hosoya_isao | 2018-10-23 08:28 | Comments(0)

止めさせて、、、。

きのうのテレビで女子プリンセス駅伝を見ていて、2人の選手のアクシデントに、
そして関係者の対応の悪さに驚きました。
まずひとつめは岩谷産業の第2走者の飯田選手。
第2中継地点手前2~300mのところで転び、それ以降は走ることができなくなり、這って中継地点までいったというシーン。
膝は擦り剥けて血で赤くっているのですが、必死で這って中継地点を目指します。
顔からは汗と一緒に涙もこぼれていたように見えました。
大会関係者はすぐに選手の横についていたのですが、それを止めることはありませんでした。
必死で、這ってでもたどり着こうという気持ちはわからないわけではないのですが、
選手のカラダに何が起こっているのかわからず心配でした。
どうやらスネ骨折をしていたとのことで全治3~4ヶ月とのこと。今後の選手生命に関わるケガだったらどうなっていたことか、、、。

止めさせて、、、。_a0394451_13590987.jpg


そして第3走者でトップを走っていた三井住友会場の岡本選手は、中盤からフラフラになり意識も朦朧の状態。
それでも大会関係者は止めずに、選手は大会関係者の指示で折り返し点まで戻されたっりしながら走り続けます。
だいたい折り返し点のパイロンもわからないくらいの意識朦朧状態なのですから、その時点で止めるべきだったと思います。
岡本選手のその後の様子はわかりませんが、場合によっては命に関わることになったかもしれません。

止めさせて、、、。_a0394451_13591047.jpg


駅伝は本人だけの問題ではなく、チームの一員というプレッシャーがかかるため、
選手にとってみればそう簡単に棄権できないという事情があるのでしょう。
それだけに大会運営側は、早め早めの対応をするべきだと感じたのです。
by hosoya_isao | 2018-10-22 08:08 | Comments(0)