CS放送


F1開幕戦のバーレーンGPのときTはフジTVの放送前にメールで予選結果を教えてきてくれました。Tはきっとインターネットで情報を得ているのだろうとおもい、決勝のときはボクもネットで情報を得ようとしていたら、たネットより先にTから決勝結果報告がメールで入ってくるのです。なんでーっ?

恥を忍んでなんでそんなに情報が早いのかを聞いたところ、なっなっなっーんとCS放送で予選も決勝もオンタイム放送されているではありませんかーっ!遅ればせながらCSの存在を知ることになったのです。仕事ではいつもCSはいれますか?BSはどうしますか?などと打ち合わせしているのに知らなかった!ショック!

それからは速攻!CS.BSチューナー内蔵TVを買いに直行、ノジマ電気で値切りたおして中型アクオスを買ってきたのです!

それにしてもこんなにチャンネルがふえていたことにビックリ!

この事件はモータースポーツはだれよりも好きという自負をだいぶ昔に置いてきてしまったことを実感させられた出来事でした。クヤシーッ!

2006はF1再履修となりました。しかも必修です。『テクノロジーは頂点でみがく!』のホンダイズムのもとぼくも頑張ります。

とりあえずF1に目覚めさせてくれたTに感謝です!


# by hosoya_isao | 2006-04-08 23:56 | Comments(1)

建築条件付き


千葉に住むRからの依頼で、家の新築をおもいたち、なにやら安くていい物件を見つけたので見てほしいとのこと。

急遽現地をみにいってきました。土地は60坪ほどのちゃんと造成されたいい物件でしたが上物(住宅)に建築条件がついているのです。建築条件とはその不動産屋さんの指定の施工会社でその指定された仕様で建てなければならないもの。しかも土地の契約時に建物の坪数と坪単価だけを決めて契約とのこと、それがボクには理解できませんでした。

ボクたちは一軒の住宅を設計する場合基本設計から実施設計までどんなに早くても3か月を要します。クライアントと十分時間をかけて打ち合わせをし、設備機器や仕上げ材はもとよりドアノブ、スイッチ、表札などに至るまで吟味して決め、それぞれの金額を算出しそれを積み重ねた一軒の住宅の見積書を施工会社からとるのです。

そして予算に合わせるために毎回クライアントと仕様変更をし、血の出るおもいをしながら実現に向けて日々仕事をしているものにとって、坪単価×坪数で契約とはあまりにもアバウトすぎて理解に苦しみます。

だきあわせ商法に近い感覚をいだかざるを得ません。

建てる方もなぜもっとこだわらないのでしょうか?不動産屋さんに言わせると『予算が厳し方には建てやすいシステム』のようですが、予算がないひとほど住宅の工事費の明細に関心を持たなければいけないのではないでしょうか?

でも世の中、意外と予算のない人がこのアバウトな方法で安易に一生に一度の買い物である住宅を取得しているようです。

家づくりはもっと研究し、もっと楽しみましょう!!!


# by hosoya_isao | 2006-04-08 19:43 | Comments(1)

マリガラ宅訪問


久しぶりにスタッフのWを連れてマリガラ宅へお邪魔させていただきました。

しばらく見ないうちチョコラブのマリちゃんの体高はクロラブのガラちゃんを追い越しているのにはビックリ!でした。人間もワンチャンもよその子の成長は早く感じますね。




マリガラ宅訪問_a0394451_13450372.jpg


# by hosoya_isao | 2006-04-08 18:57 | Comments(1)

菜の花見


毎朝、愛犬アルピーヌを引き連れて約3キロのジョギングをしています。そのコースのほとんどが畑の中の小道で、道ぞいのいくつかの休耕畑には四季折々の花が広大に咲きみだれるのです。ひとつひとつの畑がおそらく1000坪単位だからすごい!

いまは菜の花が満開、特に花が好きというわけではないのですが、花のなかを走っていると何かきょうもいいことがありそうな、そして頑張れそうな、幸せが訪れそうな?、そんな錯覚いやそんな気持ちになってくるから不思議です。まさに癒し効果っていうやつ!?

まあ朝っぱらから犬と走ったりできる状況がとりあえず幸せということなのでしょうが、、、、。

春の菜の花のつぎは夏の大輪のひまわり群、そして秋は一面、真っ白なそばの花へと季節とともに変化していくのです。

ボクの生まれ育った、こののどかな自然環境に感謝ですね。




菜の花見_a0394451_13450363.jpg


# by hosoya_isao | 2006-04-07 09:34 | Comments(1)

北京経由の身柄斡旋?


北京経由の身柄斡旋?_a0394451_13450272.jpg
 

週初めに北京留学中のMから生後4か月のサモエド犬の里親を探しているとうメールを受け取りました。ボクの知り合いの大の愛犬家Iさんのホームページで告知してほしいというものなのです。

早速Iさんにお願いしようとしていた矢先、たまたま電話した仕事の同僚Fにサモエド犬の件をはなすと、彼は『飼いたい!飼いたい!!!』とのこと。

それからが大変!北京のMと何度かのメールで連絡を取ると、どうやら当事者いや当事犬は新大久保で保護されているとのこと、その所在を聞き、急遽Fにその身柄を引き取りにいってもらったというわけです。

なぜ里親さがしとなったかといいますと、日本に留学している中国人留学生の男の子が台湾からの留学生の女の子に誕生日プレゼントとしてそのワンチャンをプレゼントしたらしいのですが、その女の子が急に帰国するこたになり、しかたなくMの友人の留学生Gが彼のアパートで保護することのなったとのと、、、、。

ワンチャンにとってはいい迷惑!!!な話です。

まあ幸いにも北京経由にもかかわらず、こんなに早く里親がみつかって、めでたし!めでたし!でした。

Fは昨年秋にゴールデンの愛犬マックを亡くし、やっとその悲しみから立ち直った時期でグッドタイミング、家族一員としてみんなに可愛がられているようです。

ちなみに、わが愛犬アルピーヌも愛犬家Iさんの紹介で1年半前に小淵沢の乗馬クラブに捨てられていた兄弟のひとりのボクが里親となり、我が家にやってきて幸せな(多分)日々を送っています。

犬も人間も人生(犬生?)、捨てたもんじゃない!捨てる神あれば拾う神ありっていうことでしょ

うか?

ボクも先の見えない状況に陥っても頑張らねばーっ!


# by hosoya_isao | 2006-04-06 19:27 | Comments(3)