もう夏休みのはなし

もう夏休みのはなし_a0394451_17152852.jpg
世の中、これから先の状況がなかなか見通せないようですが きょう、K大学から毎年夏休みに恒例となっている「インターンシップ学生受け入れのお願い」が届きました。
その中の但し書きに「新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着き、東京オリンピック・パラリンピック開催を前提とします。」とのこと。
コロナウイルスに関してはわかるのですが、東京オリンピックの開催が、なぜ関係するのでしょう、、、。

我が事務所ではもう20年以上、夏休みを利用しての、建築を学ぶ学生のインターンシップを受け入れています。
建築設計事務所でのインターンは、たとえてみると自動車教習所の実技教習みたいなもの。
大学では、構造・材料、そして法規などを学ぶのですがそれが実務でどのように生かされているのかを知ることができます。
そして建築設計の授業での設計課題は、実務での現地調査からはじまり、基本設計をまとめあげ、クライアントにプレゼンテーションする工程とまったく一緒。
建築設計を志す学生にとっては、とてもよい体験になると思います。

インターンは研修なので、もちろん無給。
クソ暑い夏休みの2週間をインターンに費やして頑張ろうという学生は、そななりに確固たる強い意志を持った学生ばかり。
受け入れ側も、そんな学生の期待に応えられるよう、大学では経験できない、いろいろな実務体験をしてもらおうと準備をして臨みます。
そして毎回感じるのですが、こちらから教えることばかりではなく、ボクも事務所スタッフも、インターン学生からたくさんの刺激をもらえるのもインターン受け入れのメリットでもあるのですねぇ~、、、。
今年はどんな学生が来てくれるのか、、、ちょっと楽しみです。








# by hosoya_isao | 2020-03-10 17:14 | Comments(0)

晴れて開発許可申請受付!_a0394451_14155707.jpg
きょうの午後は1年以上前から計画を進めている特養ホームの開発許可申請書類をもってF市役所都市計画課へいき、晴れて?受付を済ませました。
我が事務所は建築設計事務所、しかもデザインがメインの意匠設計事務所なので、このような開発絡みの申請は不慣れな仕事。
そんな業務でしたが、とりあえず受け付けてもらえてよかったです。
引き続き、来月の農地転用が終わり開発許可が下りたら建築確認申請へと進めていきます。

わりと我が事務所に設計依頼の多い、敷地面積15坪ほどの狭小住宅の設計も、法の網をくぐり抜けながら(あくまでも合法的に)進める設計作業もかなりリスキーで大変ですが、(だから面白いともいえるのですが、、、)、市街化調整区域での敷地面積1000平方メートルでの特養の開発申請業務も、縦割り行政を肌で感じながらの書類作成、そして手続きは、なかなかシビレます。(笑)
まあ、市だけでなく、県も絡む案件なので仕方ないのでしょうかぁ、、、、。
6月末の着工を目指して頑張りま~す!

役所からの帰りがけにホームセンターに立ち寄り、念願の?トイレットペーパーを購入してきました。
こちらは、ひとりあたりの購入個数制限もありませんでした。
きのう、近所のスーパーとドラッグストアに行ったらどちらも売り切れ!で、正直、ちょっと心配になっていたので、よかったです。
あとはマスクですね、とりあえずは手持ちはありますが、早くふつうに流通して欲しいものです。






# by hosoya_isao | 2020-03-09 14:14 | Comments(0)

春の大会に向けて。

春の大会に向けて。_a0394451_14594268.jpg

今朝、目が覚めると雨の音。
小雨のぱらつく寒い朝、どうやら2月上旬の気温のよう。寒の戻りか?!

ということできょうのジョグは中止して入間アウトレットパークへ買い物に行くことにしました。
アウトレットはコロナの影響か、いつもの休日と比べるとこころなしかすいていました。

まずはじめの目的はニューバランスショップへ行き、ランニングシューズを物色。
いつものコトながら、ここはアウトレットショップなので気に入ったシューズがあってもサイズがないことがほとんどです。
とくにボクの足サイズは24~24.5と小さいのでランニングシューズに限らず、靴選びには苦労させられます。

ショップの店員さんにサイズのことをいって探してもらたのですが、なかなか見つからず、やっとあったのがこのブラックのレース用シューズ。
価格的にはそれなりの性能のシューズなのでしょうが、、、、。
世の中的には派手なピンクやオレンジカラーが流行っているようですが、かえってこの黒系も逆によいかもぉ~などと自分に言い聞かせ、購入してきました。

人間って単純で、シューズが新しくなるとそれなりに練習のモチベーションも上がってくるような気がします。
次の、かすみがうらの大会まであと6週間、足がシューズになれるのにはちょうど良い期間ですかねぇ~。
っていうか、この大会も中止!っていうことにならないことを祈りますぅ。


# by hosoya_isao | 2020-03-08 14:58 | Comments(0)

大黒摩季も好き❗️

大黒摩季も好き❗️_a0394451_07185967.jpg
設計の仕事は現場が付き物。
今日の午後は片道1時間半かけて品川区大井の案件の打ち合わせへ。

現在進行中の計画はクルマで3~4分のところもあれば、クルマで1時間半近くかかる千葉件松戸、都内渋谷・品川方面もあります。
近いほうが楽といえば楽なのですが、ボク的には1時間以上クルマを運転して行く遠い現場もけっこう好き。

そこで、遠い現場の何が好きなのかを考えてみると、やはりそこに行くためにクルマを運転することが好きということ、そしてクルマの中でのひとりの時間、好きな音楽をかなり大きめのボリュームで聞きながら物思いにふけることが、ボクにとっては至福の時間におもえるのです。

そのクルマもポテンシャルも重要な要素ですが、その中で聞く音楽もかなり重要。
当然、クルマの中にはクラッシクから、R&B、ジャズ、ロック、フュージョン、ヒーリング、J-POPまで幅広いジャンルのCDが搭載?されていて、その時の気分でチョイス。
きょうは久しぶりに大黒摩季を聞いてみました。
大黒摩季は、たまたま一昨年、ライブに行ってから20年ぶりに?再びファンになってしまいました。
なんか元気になるぅ~!いっしょに歌いたくなってきます!
ということで、あっという間の往復3時間のライブ(?)ドライブでしたぁ!(笑)







大黒摩季も好き❗️_a0394451_07150946.jpg







# by hosoya_isao | 2020-03-07 19:01 | Comments(6)

日の出がどんどん早く、、。_a0394451_15194850.jpg
1年のうちで最も遅い日の出は1月6日、7日で6時52分だそう。
それから2ヶ月がたったきょうの日の出の時間を調べたら6時5分とのこと。
どんどん日の出の時間が早くなっているのを感じます。
1月のはじめは、ジョギングをして戻ってきてもまだ真っ暗だったのに、、、もうそろそろスタート時も懐中電灯はいらなくなりそう。

基本的に走る朝は4時50分起床。
まず洗面を済ませ、仏壇へお茶と線香をあげ、まだ真っ暗な庭のデッキでストレッチ開始。けっきょく走り出すのは5時30分になってしまいます。
写真は今朝の5時30分の写真。
まだ暗いのですが、東の空はうっすらと夜が明け始めています。

今朝は快晴で、きれいな星空と青空と朝焼けを見ることができました。きょうも良いことがありそうな、すっごく得した気分になれます。
やっぱり、ジョギングは早朝に限ります!なんたって大気の「気」が新鮮です。(笑)

いまは次の大会までは期間があるので、朝のジョグは6キロなのですが、1か月前からは8~10キロにふやします。
ということで今朝は6キロ。戻ってから軽くストレッチを済ませシャワーへ。
そして6時半からはNHKラジオの「基礎英語3」、45分からは「ラジオ英会話」を聴講。もう何年やってんだかねぇ、、、、上達しない。(苦笑)
7時から朝食の準備、テレビを見ながら朝食をとり、テレビの目ざまし占いを見終えて(今朝の天秤座は最低でした、、、)、8時から始業というのがボクの毎朝のルーティーン。
そんな健康的な朝を迎えられていることに感謝です。



# by hosoya_isao | 2020-03-06 15:17 | Comments(0)



このところ、時間単位でまったく違う作業をしています。

昨日はNプロジェクトのコンクリート打ち放し階段の鉄骨手すりの詳細図描き、特養の開発行為申請に添付する理由書などの書類作成。
そのあとは、これから始まるリフォーム案件の平面のエスキス。TG社事務棟の既存杭の新設杭への影響の検討。
きょうは実施設計が進行中の特養の照明のスイッチ系統案の作成、4月からはじまる大学の授業の内容の構想など、、、。
ということで、気持ちの切り替えが大事だなぁ~ということを実感しているところ。
昔、ある先輩に「これからは気持ちの切り替えが上手い人が生き残る時代!」と言われたのを思い出すのですが、その気持ちの切り替えって結構難しい気がします。
短時間でひとつのことに集中する能力と、その合間に並行していくつかのことも考えられる気持ちの余裕。そう簡単なことではなさそうです。
けっきょく設計屋っていう職業は、なんでも屋さんなんですね。

ときどき、建築家の~って紹介されることもありますが、そんなときボクはちょっとこっぱずかしい気持ちになります。
そして、性格的に?とてもじゃないですが自から建築家の、、、とは名乗れません。
音楽家、芸術家、政治家、小説家などなど○○家といわれる職業の人がいますが、それは第三者が決めるものであって、自分からいうものではないように思うのですがぁ、、、。
まあ、建築家も、政治家も、芸術家も、自分でそう名乗ることに対して、なんの決まりも、条件も、資格もいらないので各自の自由、自己申告制なのですねぇ、、、、。
なんか、きょうはどうでも良い話になってしまった、設計屋の私でした。(笑)




気持ちの切り替えが大事?!_a0394451_17545914.jpg








# by hosoya_isao | 2020-03-05 17:52 | Comments(0)

コロナが世の中を不安にしている昨今、ボクのささやかな楽しみは毎回録画しておいた番組を見ること。
その番組は2つあり、そのひとつがNHK・BSで放映されている「世界ふれあい街歩き」、そしてもうひとつが「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」です。
どちらも火曜日に放映され(昨晩は駅前食堂はなかったですが、、、)、あたかも自分も独りごとをつぶやきながら、一緒に海外の街を旅をしている感覚になるのが好き。
そして自分も日常から離れ、遠く見知らぬ国へ旅に出たくなります。

昨年も、一昨年も3月から4月にかけて初秋のひとり旅の計画をスタートしていました。
まずは現地の情報を収集し、旅のルートを調べ、エアチケットの相場を検討し、予約サイトでホテルの調査などなど、、、これがとても楽しい時間。
ひとり旅の楽しみは、30%が行く前のいろいろと妄想しながら、あれこれと計画の時、50%が旅そのもので、残りの20%は旅を終えてエピソードを振り返る時間ではないでしょうか。

昨年のひとり旅はコーカサス地方(アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア)。一昨年はベラルーシ・リトアニア・エストニアでした。
今年は2パターンを考えていて、中央アジアのキルギス・カザフスタン・タジギスタンあたり、そしてもうひとつはウクライナ・ルーマニア・ブルガリアで、どちらも興味をそそられるエリアです。
しかし、現在のコロナの状況を考えると、今年はなかなか難しいのかなぁ~、、、。




今年も行きたいけど、、、ひとり旅。_a0394451_20520134.jpg

# by hosoya_isao | 2020-03-04 20:51 | Comments(0)

いつのまにか、、。

朝起きて食堂のブラインドを開けようとしたとき、窓辺の鉢植えに小さな白い花が一輪咲いているのに気づきました。
たしかこの鉢植えの植物は昨年秋に購入したもので、11月には花は落ち、それ以来、窓際に起きっぱなしで、ときどき思い出しては水をあげていたのですが、、、、我が家の厳冬にも耐え、可憐な花をよくぞ咲かせてくれました。

朝食を済ませホールの階段を上がっていこうとすると、踊り場に置いてあるジャコサボテンにもピンクの小さなつぼみを発見。
こちらも放りっぱなしだったのにぃ~、、、。
植物の生命力ってすごいでねぇ~!いつのまにか、どんどん春が近づいていることを実感。
普段はなかなか感じることのない身の回りの些細な変化、時にはそれを感じるココロのゆとりも大切なような気がしました。

きょうは3月3日で雛祭り。
我が家には3人の娘がいたので、飾ると場所を取る?お雛様もあるのですが、もう二十年間以上?飾っていません。
きょうは帰国中の3女Mとsora、そしてコロナ休校で長女の娘Kも我が家に遊びに来ているので、ひなケーキを買ってきて、久々に若すぎる女子?に囲まれながら、雛祭りのお祝いをしようと思います。(笑)






いつのまにか、、。_a0394451_15565313.jpg


いつのまにか、、。_a0394451_15571749.jpg






# by hosoya_isao | 2020-03-03 15:56 | Comments(0)

特養も警戒態勢!?

特養も警戒態勢!?_a0394451_15272558.jpg
きょうの午前中は現在計画が進行中の地域密着型特養ホームの打ち合わせに、同じ社会福祉法人の運営する既存の特養ホームへ。
もちろん、出かける前にも手をしっかり洗い、マスクを着用して出かけていきました。
このところの新型コロナウイルス問題は特養にとってはかなり深刻な問題で、こちらの特養も家族の面会は遠慮いただいているそうです。
入所者の方々にとって、ご家族との面会は楽しみのひとつなのでしょうが、今回のウイルス問題は感染すると、とくに高齢の方々にとっては命に関わる問題なので仕方がないのでしょう。

きょうから小中高は学校が休校。
知り合いのお母さんがFBで嘆いていました。
今月卒業予定だった小学校6年生の子は6年前、大雪で幼稚園の卒園式が出来なかったそうです。
そして中学3年生の子は9年前、東日本大震災で卒園式が中止になったとのこと。
ほんとに、お気の毒としか言えません~、、、。

そのコロナウイルスの発生源である中国では徐々に下火になっているよう、、、。
そんな中国では、今度は日本からの渡航者は2週間の隔離を要求されるそうです。
日本から中国に戻った場合、自宅の玄関先のドアに「この家には日本から帰った人いるので隔離中」というような表示がされるとのこと。
いやぁ~中国らしいといえば中国らしい話、、、でも、もしかしたらそこまでしないとこのウイルスの感染はおさまらないのかもしれませんねぇ。
一日も早い、事態の収束を祈るばかりです。



# by hosoya_isao | 2020-03-02 15:29 | Comments(0)

ホンダ信者で良かった❗️_a0394451_16060272.jpg
今年の元旦にNHK BSで放映された番組「最速に挑む!ホンダはなぜ勝てたのか」を出かけていて見逃してしまいすご~く後悔していたところ。
今朝、新聞のテレビ番組表を見ていたら、再放送があるとのことで録画をしつつ、視聴しました。

ホンダは2015年から再度F1に参戦し、はじめの3年間はまったく勝てずにいましたが、2018年からは徐々に力を付けてきて、昨年はついに2回も優勝するという快挙を成し遂げてくれました。
番組では、勝つためにチームが、研究所が、そしてホンダ社員が一丸となってF1マシン(パワーユニット)の開発に力を注いだプロセスが紹介されていました。
ホンダ信者のボクにとっては感動するシーン、エピソードばかり、、、建築の道に進まなかったら絶対にホンダに入って働きたかったなぁ~。(笑)

ボクがホンダ信者になったのは、20代からホンダ技術研究所に友人がいてホンダのバイクに乗り始めたと同時に、本田宗一郎の考え方、生き様、そしてそのホンダイズム(ホンダ精神)に大変共感をしたというのがきっかけでした。
いまだにボクの人生のバイブルは本田宗一郎著の「得手に帆をあげて」です。
あの本田宗一郎の教えがあったから、設計の業界でもなんとか頑張ってこられたと言ってもよいくらいです。

クルマ好きのボクは、それ以来、所有車としてホンダ車は切らしたことがありません。
っていうか、国産車の中ではホンダ以外の車は選択肢にはないのです。

きょうも2時間の番組を見て、いろいろと学び、そして元気をもらいました。
挑戦し続けることの大切さ、チームワークの大切さ、発想の転換の大切さです。
オーストリアGPで優勝した時のホンダのポスターが「数え切れない悔しさが、私たちを強くした!」。
人間、何事も、悔しい思いをバネに、大事なんですね、心に染みました。

あ~やっぱりボクはホンダ信者でよかったです。(日産ゴーンじゃなくて、、、、)(笑)








ホンダ信者で良かった❗️_a0394451_16045520.jpg




# by hosoya_isao | 2020-03-01 16:03 | Comments(0)

行ったことある~!


何も用事のない土曜日の朝はちょっと朝寝坊してゆっくり朝食。
ぼーっと、テレビでNHKを見ていたら、まるわかりニュースの「ジモト推し」のコーナーで見覚えのある景色が、、、。
富山県高岡市と氷見市の間にある雨晴海岸です。

この場所、一昨年の春、毎年参加している黒部名水マラソンに行った折、帰りがけにちょっと足を伸ばして立ち寄りました。
その目的は完成したばかりの雨晴海岸 道の駅の建物の見学でした。
ですから雨晴海岸についての知識は皆無の状態で、、、、。
みたかった道の駅の建物はユニークなデザインでとてもよかったのですが、現地に行ってみて、その海岸が歴史的にも有名な景勝地であるということを初めて知りました。
テレビではこの時期のここからの富山湾と立山連峰の眺めが最高とのことで、その風景を撮影をするたくさんの人で賑わっているようです。
是非こんどは冬のこの時期に訪ねてみたいと思いました。

ちょうどその時、すぐ近くにある武田家住宅も見学してきました。
武田信玄の武田家の末裔が生活していたというとても大きな民家です。
いまは市に寄贈され、見学ができます。ボクが行ったのは月曜日とあって、お客さんはひとりもおらず、係りの方がつきっきりで大きな家の中を解説してくださいました。

毎年春は黒部名水マラソン、そして秋には大町アルプスマラソンに参加し、1~2泊して、その街の周辺や途中にある話題の建築や歴史的建築を見学してくるのがボクの楽しみでもあります。
今年5月の黒部の大会の時は、どこを見てこようかなぁ~、、、。




行ったことある~!_a0394451_15245039.jpg
冬の雨晴海岸からの立山連峰(お借りした画像です)



行ったことある~!_a0394451_15232203.jpg
雨晴海岸 道の駅






行ったことある~!_a0394451_15513408.jpg
武田家住宅



# by hosoya_isao | 2020-02-29 15:21 | Comments(2)

ポジティブ❗️

ポジティブ❗️_a0394451_11284784.jpg

先週後半からオープンデスク(インターンシップ)で事務所に来ていたN大学2年生、Iさんの研修がきょうで一旦終了しました。
インターンは終了しましたが、これからも時間を見つけて事務所に手伝いに来てくれるとのこと、嬉しい限りです。

Iさんのインターン中には、現在実施設計が進行中の特別養護老人ホームの100分に1の模型を作ってもらいました。
毎回、インターンの学生にはおもに模型製作をお願いしているのですが、その学生によって技量の差があります。
人間、器用、不器用があるのは仕方ないこと。
ただ、インターンシップに参加しようという意欲的な学生には模型製作が苦手という学生はほとんどいません。もちろん、Iさんもハイレベル!
もちろん製作に際しては事務所スタッフのKさんが丁寧に指導、アドバイスしながら、より高度な模型製作テクニックを学んでもらいます。
ということで、学生が製作してくれた模型は実際のプレゼンに使用するケースがほとんど。
模型が完成し、クライアントにプレゼンする際には、学生にも参加してもらい、実務での達成感も味わってもらえたらとおもっています。

それにしてもIさんは明るく前向きで、その積極的な姿勢には感心させられるシーンがたくさんありました。
自分の不得意な分野は、得意な人について、どんどん吸収していきたい、やったことのないことはできる限り体験したい、大学では自分から教員にアプローチして授業料以上に活用したい、とか、、、かなりのポジティブ志向。
3月には京都、金沢方面に建築見学旅行に行くとのこと。
旅の話の中で、ヒッチハイクの素晴らしさ、奥深さ?を話したら、ヒッチハイクもやってみた~い!といっていました。
次回、旅のみやげ話が楽しみです。





ポジティブ❗️_a0394451_20171597.jpg



# by hosoya_isao | 2020-02-28 20:15 | Comments(0)

日本はゆるすぎっ?!

夜のニュースを見てビックリ!
新型コロナウイルスの影響で、来週から全国の小学校、中学校、高校が休校となるよう。
3月の卒業式、終業式、入試などなど、どうなるんでしょう、、、、。

中国、蘇州にいる身内からは、「日本はいままでコロナに対する対応が甘すぎ!」とのご意見。
現在の日本は、1か月前の春節のころの中国と同じと思ったほうがよいようです。
中国はあれほど厳しい外出制限、移動制限をした結果、なんとかいまは下火になりつつあるようですが、いまの日本の制限はゆるすぎ!みたいです。


きょうは朝イチでTG社事務所棟新築工事の打ち合わせへ。
実際には5月から着工で、いまは既存建物の第1期解体工事中。

想定通り?既存建物の杭が出てきて、これから着工する建物の杭と当たらないかを確認しなければならなくなりました。
もし、既存杭が新設の杭と当たる場合は抜かなければならないので余計な時間と手間がかかってしまいます。
きょうの打ち合わせは解体工事に関してがメイン。
TG社が通常操業を続けながら工事を進めるにはしっかりとした工程管理と調整が重要になってきます。


日本はゆるすぎっ?!_a0394451_14561430.jpg

# by hosoya_isao | 2020-02-27 14:56 | Comments(0)

園長先生の御通夜へ

園長先生の御通夜へ_a0394451_20585313.jpg

きょうは5年前に設計させていただいた千葉県K市にあるS幼稚園のY園長先生のお通夜に行ってきました。
幼稚園の設計をさせていただいていたころから、ガンを抱えているいるということはお聞きしていたのですが、設計中も工事中も変わりなく過ごされていました。
そしてちょうど、昨年のいまごろ、こども環境学会のデザイン賞の現地審査があり、園長先生には現場で丁寧に対応いただいいたことが昨日のことのように思い出されます。
そのかいあって、S幼稚園は学会のデザイン奨励賞を頂くことができ、園長先生にもたいへん喜んでいただきました。

そのY園長先生との出会いは、以前からご縁をいただいていた同じくK市にあるS工務店のS社長からのご紹介でした。
直接お会いし、私共の設計事務所が設計させていただいた建物の紹介や、設計を進める上での考え方をプレゼンさせて頂き、それに共感いただけたようで、幼稚園の設計経験のない私共に幼稚園の設計を依頼いただきました。
さっそく敷地を案内していただいたのですが、2500坪もある森のような、園庭にビックリ、、、。
園の規模も大きく園児数は450人で、12クラス、そして大きな遊戯室など、、、園長先生の希望はできる限り木を切らないでとのことでした。
そこで緑豊かな中庭を環状園舎がとり囲む、床面積2000平方メートルという大きな木造平屋建ての園舎となりました。
園長先生のご希望、園の教育方針を設計に反映した、園児たちにも、そして地域の人たちにも喜んでもらえる楽しい園舎です。
これからも、園長先生の想いのこもった園舎はずーっと引きつがれていきます。
心よりY園長先生のご冥福をお祈りいたします。

園長先生の御通夜へ_a0394451_14110368.jpg





# by hosoya_isao | 2020-02-26 20:57 | Comments(0)

どうしても走りたい人はいます!_a0394451_08452275.jpg
左が鍛鉄工芸家Niさん、左はブルースハープ奏者のアリチャン

日曜日に中止になった深谷シティハーフマラソンを「ひとりで走ってきましたぁ!」というボクのブログとFBの記事をみて、昨日、友人で鍛鉄工芸家のNiさんがメールをくれました。
Niさんも3月8日に開催予定だった天草パールマラソンハーフにエントリーしていたのですが、やはりこの大会も新型コロナウイルスの影響で中止になったとのこと。
Niさんはかつてはサッカーやトライアスロンをこなす、まさに鉄人?と言われた人なのですが、数年前に肺を患い、手術の結果その25%を切除したそう。
そのため、歩くだけでもハーハーしてしまうようになってしまったそうですが、「なんとかまた走れるようになりたい!」と2キロ、3キロと早足で歩く練習をし、なんとか10キロをゆっくり走れるようになったとのこと。

そんな時、天草パールマラソンハーフを知り、数ヶ月前からはその大会を目標に練習を重ね、やっと11キロを1時間20分ほどで走れるようになり、先週はゆっくりながらなんとか20キロ走もクリアできたそうです。
その矢先の大会中止の連絡、Niさんのそのショックは十分共感できます。

そこでNiさんは大会事務局へ手紙を出したとのこと。
中止になっても、ひとりで走りたいので、コースがわかるように曲がり角、折り返し点に、そして5キロごとに白線で表示をしてほしと要望したとのことでした。
(たしかに、先週ひとりで走ったときは迷子になりましたから、、、、笑)
いままでいろいろな状況を乗り越え、大会に向けて前向きに、しっかり準備してきた自分自身の気持ちは、そう簡単にキャンセルはできないのですねぇ、その気持ち、よ~くわかります。
是非とも道路へのコース表示等、主催者側の配慮を期待したいと思いますが、もしかしたら事故の時などの責任問題などもあるので難しいかもしれません。
それでもNiさんには、なんとかスマホのGoogle Mapなどを駆使してチャレンジ、そして完走して欲しいと思います。

こういうランナーの前向きな姿勢、いいですねぇ~!









# by hosoya_isao | 2020-02-25 21:23 | Comments(0)