市長さん来訪

市長さん来訪_a0394451_08290504.jpg


きょうは朝一番で富士見市の星野市長、そして志木市の香川市長がG社事務棟の見学に来訪されるということで、設計者であるボクもお邪魔してきました。
TG社は志木市に本社があり、今回の事務棟のあるのが富士見市ということで、エネルギー供給会社としてそれぞれの行政とは強い関係があるようです。

とくに、今回の事務棟は耐震重要度係数が1.5という耐震性を有し、震度7の大地震でも建物は被害を被らないレベルの建物となっていて、避難所としても機能するように考えられています。
災害時には、けが人や病人などを搬送するストレッチャーも入ることのできるエレベーターも完備されていて、地震だけではなく、水害時対策として前面道路よりも1階床レベルは1mほど高くし、屋上に非常時発電機も備え、浸水の被害を最小限にできるようになっているのです。
このような建物は、災害時などには地域住民にとっても心強い存在となることでしょう。

今回の建物では、意匠的にはなかなか思い通り行かなかった点も多々あったことは事実ですが、こうして地域の人たちのためにもなる建物の設計に関われたことは、設計者として大変光栄に思いました。


iPhoneから送信

# by hosoya_isao | 2021-03-22 11:25 | Comments(0)

ピアノ発表会へ



きのうはお彼岸でボクの姉夫婦、兄夫婦が線香をあげに来てくれました。
今回は全部で5人。以前は兄弟の子供たちも加わり10名以上になっていましたが、それぞれの都合などもあり徐々に規模が小さくなっているようです。
親戚関係も、数年前からはお彼岸が行き来を辞め、お盆だけの墓参りということになったのでお彼岸はわりとゆっくりできます。

午前中は雨の中、新座の母の実家のお墓に線香をあげに行ってきました。こればかりは欠かせません。
墓参りの帰りがけ、三芳町コピスで姉の孫がピアノの発表会で演奏するとの音だったので立ち寄ってきました。
小学校1年生のR君の演奏、なかなかお上手でした。
ピアノの発表会なんて何年ぶり、何十年ぶりでしょうか、、、。
3人の娘たちが小さかったころを思い出す、懐かしいイベントでしたぁ~。

ピアノ発表会へ_a0394451_19372849.jpeg



iPhoneから送信
# by hosoya_isao | 2021-03-21 19:37 | Comments(0)

感謝の会

昨日の午後は、まもなく竣工する特養ホームの模型を手伝ってくれた学生たちを呼んで建物の見学会を行いました。
K大学の3年生のNa君、N大学の同じく3年生のIさんに模型を作ってもらったのはちょうど昨年の今ごろ。
予算の関係で、寄棟の屋根がなくなったり、庇や手すりの形状が変わってしまいましたが、プランはほとんど模型のままで竣工することが出来ています。
模型作りに関わっただけでも、建物のプランは記憶に残っていたらしく、懐かしそうに見学してくれていました。
やっぱり建築設計のおおきな魅力は、200分の1の模型が原寸大で出来上がるということを実感してもらえたのではとおもいます。

ちょうどきょうは現在進行中の案件の模型をN大学の2年生Nさんに手伝ってもらっていて、Nさんも一緒に見学したあとは、近くの焼き肉屋さんに移動して、感謝の会(打ち上げ会)となりました。
久しぶりのNa君Iさんは、いろいろな経験を経て、一回りも二回りも成長したように感じます。
こうしてエネルギッシュな若い人たちと酒を飲みながらいろいろな話をできることは、とても幸せなことだと感じます。
ボクたちはいままでのいろいろな経験談など、与えられることは与え、学生たちからは若いエネルギーを分けてもらうという、貴重な時間に思いました。


感謝の会_a0394451_20203746.jpeg



iPhoneから送信
# by hosoya_isao | 2021-03-20 20:20 | Comments(0)

T・G社事務棟の竣工式

きょうの午前中はTG社事務棟の竣工式があり出席してきました。

この計画は4年前の夏にスタートし、きょうまで足掛け4年かかりました。
まずはT・G社の各部署の代表から意見や希望を聞く作業からはじまり、設計コンセプトづくり。
並行して敷地内の建物調査や整理、調整、役所手続きなどで1年。
基本設計をまとめ、一昨年の春に実施設計がスタートあい、その秋に見積をしたところ大幅な予算オーバー、、、。
仕方なく、思い切った設計変更をして、何とか2019年の暮れに工事契約にこぎつけました。

そして昨年5月に着工し、コロナ禍の中でしたが幸い工事に大きな影響も受けず、晴れてきょうの竣工式となりました。
この4年を思い返してみると、数々の紆余曲折もあり、長かったような、短かったような、不思議な感覚です。

設計監理を担当したスタッフのKもよく頑張ってくれました。このような大きなプロジェクトをメインで担当し、一段と成長してくれたように思います。
また、工事を担当してくれたT・K建設共同企業体のTa現場所長さん、Kaさん、Naさん、設備担当のHiさん、電気のWaさん、ほか協力業者の方々には感謝です。
事務所は今月末から稼働し、これから既存事務棟を解体が終わり次第、アプローチ廻りの外構工事となります。
そして最終的には7月に工事全体が完了予定。
あと4か月、最後まで気を引き締めていきたいと思います。


T・G社事務棟の竣工式_a0394451_13104586.jpg

# by hosoya_isao | 2021-03-19 13:11 | Comments(0)

連日の検査

連日の検査_a0394451_17520600.jpg
昨日の開発行為の検査


M・Eサテライトの現場は昨日の開発の検査に引き続き、きょうは県建築安全センターの担当者さんに来ていただき、福祉のまちづくりにま関する検査がありました。
昨日も、きょうも特に問題なく検査終了。

そのあとは、施設のスタッフが現場に来ていただき、設計担当したFから建物のコンセプトやセールスポイントなどを説明。
月末に予定されている竣工式に向けて、来訪された方々に案内役の施設スタッフが建物の説明できるようにとのことで、みなさん、メモを取りながら熱心に聞き入ってくれていました。

このところ次年度の授業に向けて、授業のシラバスを作成しています。
今年度はコロナの影響で対面授業ができませんでしたが、来年度からは対面授業が復活するとのこと。
やはり設計演習の授業はリモートだけではかなり無理があります。
建築設計のエスキスやプレゼンは、実務においても、そして設計演習授業においても、相手の顔を見ながら自分の考えを伝える、もっと言えば熱意を伝えるということが重要なのですねぇ~。
4月から、授業で新しい学生たちに会えるのがが楽しみです。
その前に、シラバス作成・入力が結構大変な昨今ですが、、、。

# by hosoya_isao | 2021-03-18 17:53 | Comments(0)